今日は、より自然で効果的なリンク構築について考察してみます。

あなたのサイトは、どのページに被リンクが張られていますか?
もし自作自演でバックリンクを張っているなら、どのページに向けていますか?

すべてとは言わないまでも、ほとんどのリンクがホームページ(トップページ)に集中しているとしたら、自然とは程遠い状態です。

見れば分かるように、SERPsにはホームページだけではなく個別ページも表示されます。
ミドルキーワードからスモールキーワードになればなるほど、個別ページのSERPsに占める割合が高くなっていきます。

タンパベイレイズの検索結果

他のサイトにリンクを張るときには、ホームページではなく個々のページに張ることも多いはずです。

トータルで考えると、ホームページへのリンクよりも、ホームページにぶら下がるサブページ(個別ページ)へのリンクが多くなるのは、より自然に近い形だとは思いませんか?

ホームページへのリンク

上の図のように、ホームページだけにバックリンクを集中させるのではなく、
下の図のように、個々のサブページに分散してリンクを集めます。

サブページへのディープリンク

このように、下の層に張るリンクのことを「ディープ リンク(Deep links)」と呼びます。

サブページのターゲットキーワードを「メインキーワード+サブキーワード」のようなロングテールキーワードに定めておけば、ディープリンクを張ることで上位表示が期待できます。

もともと競合が少ないキーワードであれば、なおさら上位表示は簡単です。

ディープリンクでサブページに集めたPageRankを、ホームページ(トップページ)に還元することも大切です。

サブページから、ホームページへ“リンクアップ”します。
ホームページへのリンクを張るということです(オレンジ色の矢印)。

このときのアンカーテキストはもちろん、「HOMEへ」とか「トップへ戻る」ではなく、メインのキーワードを指定します。

内部リンクも外部リンク同様にPageRankを渡すし、アンカーテキストによるリンクレピュテーション(Link reputation)にも影響するからです。

ナチュラルなリンクビルディング戦略のひとつとして、ディープリンクの獲得も考慮してみてください。

サテライトサイトから自分でディープリンクを張るか、サブページへのディープリンクが自然に集まるようなコンテンツを作成するかは、あなたに任せます。

当然この海外SEO情報ブログは、ナチュラルなディープリンクばかりです。w

海外SEO情報ブログのディープリンク

このエントリーが役に立ったらシェアしてください

[Ads & Featured Articles]

次のエントリも読むとSEOにさらに強くなります。

海外SEO情報ブログTOPGoogle SEO › ディープリンクによるナチュラルリンク構築

Comments

  1. By on

    なるほどー、論理的でわかりやすいですね。

    自分のブログの記事には、他の人のサイトのサブページへリンクしてますね。

    これ、当たり前というば、当たり前なことですよね。
    「SEO」ってことでずっとガムシャラにトップページへのリンクを作る作業していました。
    私、その当たり前なことを忘れていたんですね。

    気がつかせてくれてありがとうございます!

    *** Reply from Suzuki Kenichi ***

    自分のブログの記事には、他の人のサイトのサブページへリンクしてますね。

    トップページ ⇒ サブページ
    トップページ ⇒ トップページ
    サブページ ⇒ サブページ
    サブページ ⇒ トップページ

    いろんな組み合わせがあるのが、普通ですね。

  2. By on

    WEBの種類にもよるのではないでしょうか?
    ブログやニュースサイトの様にエントリーによるフレッシュさがメインのものと
    商用サイトの様なものではリンクの貼られ方が根本的に違うと思います。

    どれをもってしてオーガニックなリンクであるかを判定する要因ではないのでは?

    *** Reply from Suzuki Kenichi ***

    ブログやニュースサイトの様にエントリーによるフレッシュさがメインのものと
    商用サイトの様なものではリンクの貼られ方が根本的に違うと思います。

    ディープリンクとの関係が分かりません。

  3. By 印鑑 on

    なるほど。いつもありがとうございます。伊藤ハムの件、一気に身近な問題になりましたよね、。

    *** Reply from Suzuki Kenichi ***

    伊藤ハムの件、

    商品は該当してるんですが、ロットは該当してなかったようです。

▲ページの一番上に戻る