海外のフォーラムを見ているとGoogleで、小規模なPageRank更新と、やや大規模な順位の変動が発生しているようです。

PageRankは、確かにそのようです。
変動というよりも、これまでPageRankが付いていなかページに付いています。

前回の更新は、4月初めです。
これ以降に投稿した記事ページに、PageRankが表示されています。
もっとも、数値は「ゼロ」ですが。(笑)

Googleは、GoogleツールバーのPageRank更新を3-4ヶ月に1回実行すると、事あるごとに言っていますが、最近は限られた範囲での更新がもっと頻繁に発生しているように感じます
(Googleが内部で使っている本当のPageRankは、ツールバーのPageRankとは違い、被リンク情報の更新をすぐに反映します。外部の僕たちには見えません)。

また、Googleの順位変化は、ほぼ毎日小さな変動が起こっています。
Yahoo!のように、一定のタイミングでガラリと変わることはありません。

しかし、いつもよりも大きな動きを経験しているウェブマスターが多いようです。
とはいえ、何も変化を確認していないウェブマスターもいるので、こちらも限定的な範囲にとどまっているようです。

Googleの更新とは直接関係はないのですが、今現在Googleウェブマスターツールの「上位の検索クエリ」のデータが表示できなくなっています。

Googleウェブマスターツールの上位の検索クエリは「現在、データを表示できません」

Googleは認識していて対応に当たっています。

データを見ることはできませんが、検索結果に影響はないので、あわてずに復旧を待ってください。

【UPDATE】
明日の朝(-0800(PST))には回復するだろうとのことです。

このエントリーが役に立ったらシェアしてください

[Ads & Featured Articles]

次のエントリも読むとSEOにさらに強くなります。

海外SEO情報ブログTOPGoogle SEO › Googleの小さなPageRank更新と(比較的)大きなSERP変動

▲ページの一番上に戻る