メルマガバックナンバー
<<2006/12/01発行 #013>>

さて、今日は前回に引き続き【Black Hat SEO】解説のつもりだったんですが、思い立ったことがあって予定変更です。

前回、「METAタグは、“以前は”効果があった」と書いたんですね。
でも、「“以前”の説明をしたほうがいいかな」と後で気づきました。

なので、今日は「METAタグの現在の効果」について書きます。

「METAタグ」の、「keywords」と「description」は、SEOをかじってる人なら必ず記述していることでしょう。

※「”META keywords/descriptionタグ”って何?」って方は、Googleで調べてください。

でも、今は、SEO上ほとんど意味を成さなくなってます。

海外のSEO研究家が、複数のサイトでテストした検証結果を元に、3大メジャー検索エンジンのMETAタグの取り扱いをまとめますね。

▼Google
META keywords タグ、META description タグともに検索結果の表示順序については影響を与えません。
ページランクにも無関係です。
METAタグがないほうが、上位表示されたケースもあったそうです。

▼Yahoo!
META keywords タグは無視します。
META description タグは、検索結果に多少影響を与えます。

▼MSN(Live.com)
META keywords タグ、META description タグともに影響を与えます。
(つい最近、インデックス更新があったので変化した可能性があるかも)

特に、「keywords」は効果がなくなってるようです。

ただし、「description」に限っては不要ということでもありません。

それは、検索結果ページのサイト説明に引用されるからです。

検索したユーザーの目を引く説明文であれば、クリック率が高まりますよね。

Googleのマネージャ「Vanessa Fox」女史も、「各ページに固有のdescriptionがあったほうがいい」と
いうようなニュアンスのコメントを残してます

META description タグは、サーチエンジンに対するSEOには効果が薄いのですが、人間に対するSEOには効果が大きいと言えます。

SEOには、コピーライティングスキルも大切ってことですね。

このエントリーが役に立ったらシェアしてください

[Ads & Featured Articles]

次のエントリも読むとSEOにさらに強くなります。

海外SEO情報ブログTOPGoogle SEO › METAタグは無意味?

▲ページの一番上に戻る