今日は、公開されたばかりのヤフーサイトエクスプローラーの設定手順を解説します。

この海外SEO情報ブログの読者さんは、中上級者が多いと思うので簡単に登録できるはずですが、「ヤフーサイトエクスプローラー 設定」のキーワードでのアクセスを狙って書くことにしました。(笑)

1.まず、サイトエクスプローラー(サイト管理者向けツール) – Yahoo!検索にアクセスします。
※各スクリーンショットは、クリックで拡大表示します。

ヤフーサイトエクスプローラーの最初の画面

2.「管理サイトに追加」ボックスに管理するサイトのURLを入力し、「管理サイトに追加」ボタンをクリックします。

ヤフーサイトエクスプローラーでサイトを追加

3.URLが正しいことを確認して、再度「「管理サイトに追加」ボタンをクリックします。

ヤフーサイトエクスプローラーでサイトを追加の確認

4.管理サイト一覧に登録したサイトが表示されます。

ヤフーサイトエクスプローラーでサイト登録に成功

5.管理サイトが認証されるといくつかの機能が利用できるので、認証設定します。
「認証状況」の「未認証」リンクをクリックします。

ヤフーサイトエクスプローラーでサイトの認証

6.認証には、認証用のファイルをサイトのルートに設置する「HTML認証」と、認証用のキーをメタタグに記述する「メタタグ認証」の2つの方法があります。

HTML認証とメタタグ認証の選択画面

ここでは、簡単なメタタグ認証で進めます。

7.記述されているメタタグをコピーして、管理するサイトのトップページのheadタグ内に貼り付けます。

メタタグに貼り付ける認証コード

例:<META name="y_key" content="902efe2ef32b3d83">

※XHTMLを利用している場合は、正しい文法にするため、METAを小文字にして最後に「/」を追加します。
例:<meta name="y_key" content="902efe2ef32b3d83" />

説明文には「<head>内の最初」と書いてありますが、headセクション内ならどこでもかまいません。
WPやMT、無料ブログはテンプレートに挿入します。

メタタグの追加が完了したら、「認証開始」ボタンをクリックします。

24時間以内に認証が完了します。

次に、ヤフーのクローラのインデックスを促進するために、サイトマップを追加します。

8.フィードタブをクリックしてページを移動し、フィードURLを入力します。
フィードは、汎用のXML形式のSitemaps(サイトマップ)やRSSフィードが利用できます。

フィードの追加

送信ボタンをクリックすると、フィードが追加されます。

フィードが追加された

XMLサイトマップ作成は、XML-Sitemaps.com(英語)が便利です。
英語が苦手なら「サイトマップ作成ツール」で検索して探してください。
無料ツールは制限があるものも多いのです
有料ツールならサイトマップメーカーProが使いやすいです。

WPを使っているなら、Google (XML) Sitemaps Generator for WordPressで自動生成できます。

サイトマップはサーチエンジンのインデックスに効果があると言われていますが、保障するものではないし、現在のクローラは性能がよくなってきているので、サイトマップ送信(フィードの追加)はほとんど意味がないようです。

「ないよりはあったほうがいい、でもなくてもいい」ものです。(笑)

次は、「インデックス状況」の使い方を説明します。

「インデックス状況」ページでは、インデックスされているページとリンクの状態を確認できます。

9.「ドメイン内のページ」は、登録したサイトのインデックスされているページを表示します。

ヤフーサイトエクスプローラーでインデックス調査

site:」コマンドの機能ですね。

「サブドメインを含む」と「サブドメインを除く」の2つが選択できます。

「サブドメインを含む」は、たとえば「suzukikenichi.com」で登録していたときに「www.suzukikenichi.com」や「abc.suzukikenichi.com」のインデックスページも表示します。

「サブドメインを除く」なら、「suzukikenichi.com」内のインデックスページだけになります。

10.「被リンク元のページ」はサイトへ張られたリンクを表示します。

リンク元は、「すべてのリンク」「サブドメインからのリンクを除く」「ドメインからのリンクを除く」の3種類が選べます。

ヤフーサイトエクスプローラーでバックリンク調査

こちらは、「link:」コマンドのバリエーションです。

「すべてのリンク」は内部リンク、外部リンクを問わず全部のリンクです。

「サブドメインからのリンクを除く」は、「www.suzukikenichi.com」なら「www.suzukikenichi.com」の中で張られた内部リンクを除外します。
suzukikenichi.com」や「abc.suzukikenichi.com」からのリンクは表示されます。

「ドメインからのリンクを除く」は完全な外部リンクです。
suzukikenichil.com」や「abc.suzukikenichi.com」からのリンクも除外されます。

2番目と3番目の選択肢があることから想像するに、ヤフーは、同一ドメインリンク/サブドメインリンク/外部ドメインリンクを区別していますね。
評価も違うのでしょう。

11.リンク先は、「このURLへのリンク」と「サイトへのリンク」の2種類が選べます。

ヤフーサイトエクスプローラーのリンク先は2タイプ

「このURLへのリンク」は登録した単一のURLへのリンクです。
www.suzukikenichi.com」を登録していたらトップページへのリンクのみです。

「サイトへのリンク」は登録したサイトのすべてのページへのリンクです。
www.suzukikenichi.com」も「www.suzukikenichi.com/index2.html」も「www.suzukikenichi.com/xyz.html」もあわせて、どのページに張られたリンクも表示します。
linkdomain:」コマンドですね。

最後に、「インデックスページの検索結果からの非表示」と「スパムリンクの報告」を説明します。

ヤフーにインデックスされたページを、検索結果に表示させないようにすることができます。

12.「インデックス状況」の「ドメイン内のページ」のいちばん下に行くと、「検索結果で非表示」というボタンがあります。
非表示にしたいページのラジオボックスをオンにして、このボタンをクリックします。

ヤフーサイトエクスプローラーで検索結果非表示設定

48時間ほどで検索結果から消えるそうですが、クロールは行われます。
詳しくはヘルプを参照してください。

スパムリンク報告では、自分が気に入らない悪質なリンクを通報できます。

13.「インデックス状況」の「被リンク元のページ」のいちばん下に行くと、「スパム報告」というボタンがあります。

スパム報告したいリンクのチェックボックスをオンにして、このボタンをクリックします。

ヤフーサイトエクスプローラーでスパムリンク報告

ただし報告されたページが、必ず検索結果から削除されるとは限りません。
こちらも詳しくはヘルプを参照してください。

日本版ヤフーサイトエクスプローラーは、アメリカの元祖Yahoo! Site Explorerと比べて、文字が大きく見やすいうえに操作しやすい感があります。

上手に使いこなしましょう。

このエントリーが役に立ったらシェアしてください

[Ads & Featured Articles]

海外SEO情報ブログTOPSEOツール › ヤフーサイトエクスプローラーの設定方法(ビギナー向けマニュアル)

Comments

  1. By on

    初めてコメントします。
    初心者的質問で恐縮なのですが、以前英語版の情報を読んだときにアメリカのYahooで登録しました。
    せっかくの日本語なので(やはりわかりやすい!)試してみて思ったのですが、ダブルで登録(英語Yahooと日本語Yahoo)で行った場合はスパムなどの問題は生じるものなのでしょうか?
    とすると困るので、どちらかを削除しないといけないなぁと思っています。
    そのほか、言語によってどちらのヤフーが効果的などということはあるのでしょうか?

    *** Reply form Suzuki Kenichi ***

    はじめまして。

    両方の登録で問題ないですよ。

    ヤフー検索スタッフブログに、こうあります。

    すでに米国版をご利用の場合も、Yahoo! JAPAN IDを使ったサイト認証後、日本版サイトエクスプローラーで米国版で行っているインデックスに関する設定を確認できます。

    2つを使うことを想定した書き方ですよね。

    「どちらが効果的か」というのは、意味がよく分からないのですが、このツールは、検索結果の効果をあげるものではありまえん。
    現在のサイトのステータスを確認するものです。
    動的URLやインデックス非表示の機能はありますけどね。

    Mieさんのサイトのユーザーが、米Yahooと日ヤフーのどちらからアクセスしてくるのかで変わってきます。
    というより、両方使うのが確実です。(笑)

  2. By on

    恥ずかしながら、今までサイトマップを設置したことはありませんでした。
    というのも、サイトマップの作成方法がわからなかったからです。
    それと、自分で作成したHTMLのサイトマップと何が違うの?と思っていたからです。

    SEO的に効果があるのか無いのかはわかりませんが、
    クローラーが少しでも早く回ってきてくれる可能性があるなら良いですよね。
    自分の勉強にもなるし、良い機会だと、作成ツールや方法を調べ、先ほど設置してみました。

    こうやってわかりやすく書いてもらうと非常に助かりますし、いつも興味のある情報を掲載してくれるので大変感謝をしています。
    本当にありがとうございました。

    *** Reply form Suzuki Kenichi ***

    お役に立てたようでよかったです。

    HTMLサイトマップはクローリングにも役立ちますが、本来の目的はユーザーへの案内です。
    一方、XMLサイトマップは完全にクローラに対するものです。

    SEOに効果はないと考えてよいでしょう。

  3. By on

    私も早速、4サイトを登録しました。
    Googleよりも、サイトが認証されるまでの時間が長かったので、手順にミスがあったかな?と少し焦りました。
    既存のサイトはすべてサイトマップを作成していましたが、今後新規に作るサイトには不要かな?と考えています。

    *** Reply form Suzuki Kenichi ***

    認証時間はまちまちですね。
    サイトマップは、余裕があればで大丈夫でしょう。

  4. By on

    1年以上前から米版のサイトマップを導入していましたが、
    確かにSEO的な実感は無いですね。

    じゃあサイトマップってなんのために送信するの??
    って思いますが・・・(^^;)

    ただ、現在サイトのページ数が10000を超えて、
    Yahooにインデックスされていないページもちらほらあるので、
    こちらのほうにも登録して様子を見てみたいと思います。

    何か分かったらまた書き込みますね?

    *** Reply form Suzuki Kenichi ***

    1万ページを超えるのなら、それなりに意味があるかもしれませんね。

  5. By on

    ちょっと話題は違うんですが、同じYahoo関係ということで・・・
    「アドパートナー」のテキスト広告配信が正式に始まったようですが、テキストだけとかイメージだけとか選択できないんですね・・・?
    これ「アドセンス」と同じページに貼ったら、まずいような気がするんですが。
    ちなみに私のサイトには「FX」のテキスト広告が先程、配信されてきました。
    win-xp高速チューニングのサイトなのですが・・・(汗)

    *** Reply form Suzuki Kenichi ***

    メールで通知が来てましたね。

    どちらか一方を選ぶことができないので、やっぱり使えないサービスですね。(笑)

    アドセンスと併用するのは問題ないですよ。
    アドセンスを他のコンテンツマッチ広告と同居させてはいけないというのはかなり昔の話です。
    規約が変わって、他者のコンテンツマッチ広告と併用が許可されています。
    ただし、アドセンスと見間違うような形・配色は禁止です。

  6. By on

    サイト運営初心者なんです。現在MTを使っています。
    ヤフーサイトエクスプローラーでサイトを登録したんですけど、どうやってテンプレートに挿入すればいいのでしょう?
    テンプレートのどこでしょうか?
    インデックス?モジュール?
    メタタグを探しても見つかりません。
    教えて頂ければ幸いです。

    *** Reply form Suzuki Kenichi ***

    WP派なのでMTには詳しくありません。

    MTOSなら、メインページのテンプレートのインクルードモジュールに「ヘッダー」というのがあります。
    そのHTMLコードのHeadセクションに、認証用のMetaタグを埋めれば大丈夫ですよ。

    MTとHTMLの勉強も頑張ってください!

  7. By on

    とてもわかりやすく、
    お気に入りに登録して使用しています。
    ありがとうございました。
    いつもブログを読ませていただいて、
    まめな更新にいつも感心させられています。

    一つ質問なんですが、
    登録したサイトをヤフーサイトエクスプローラーでの
    管理を解除したい場合は、
    「管理サイトからの削除」で良いのでしょうか。
    これによってインデックスが解除されることはないのでしょうか。
    また、英語版の方も同様に削除してもインデックスからは消えることは
    ないでしょうか。
    まさか、そのような心配はないよなと思いつつも、
    試すのは怖くヒヤヒヤものです。
    素人すぎる質問で大変恐縮ですが、
    ご教授ください。

    *** Reply form Suzuki Kenichi ***

    管理対象から削除したからといって、インデックスから削除されるなんていうことは絶対にありません。
    そんなことができたら、ライバルサイトをいったん登録して削除したら、ライバルサイトを消すことができますよね。

    この記事を書くときにも、通常使っているのとは別のIDで自分のサイトを登録して、その後に削除しています。

    P.S.
    僕のブログは、4回目のコメントから投稿者名のnofollowが外れます。
    投稿者名が「はじめまして。」になっていますよね。
    これだと、「はじめまして。」のアンカーテキストでサイトへリンクが張られるので、もったいないですよ。
    キーワードを入れることをおすすめします。
    詰め込みすぎるとコメントスパム扱いされますが。w

  8. By on

    ありがとうございます!!
    肩が楽になりました。
    こんな初歩的な質問に本当に丁寧にありがとうございました。

    アンカーテキストのアドバイスありがとうございました。
    お言葉に甘えて大阪の鍼灸師Hと名乗らせていただきます。

    貴殿のますますの発展を祈らせていただきます。
    僕の祈り、結構叶うんですよ笑

    これからもどうぞよろしくお願いいたします。

    *** Reply form Suzuki Kenichi ***

    いつでも気楽に質問してください。
    バックリンクにも効果ありです。(笑)

    僕の祈り、結構叶うんですよ笑

    それならぜひ「お金持ち」になれるようにも祈っておいてください。(爆)

  9. By on

    了解です。
    それでは、明日から「金持ち」になった
    つもりで行動してください。
    その通りになります。
    疑わず、そのつもりでやってみてください。
    必ずそうなるようになっとります笑
    そんなもんです

    *** Reply from Suzuki Kenichi ***

    それでは、明日から「金持ち」になった
    つもりで行動してください。

    これがなかなか難しいんです。(??;
    でもそんなこと言ってたら一生お金持ちにはなれませんね。
    決めました、今日から僕はお金持ちです。(^^)

  10. By on

    返事が遅くなりまして申し訳ありません。
    明確な回答、どうもありがとうございました。

    これからもsuzuki kenichi.comを閲覧させて頂きます。

    *** Reply from Suzuki Kenichi ***

    お礼ありがとうございます。
    これからも訪問お待ちしてます。

  11. By on

    スパムリンク報告って 便利ですね。

    こちら以外に知りませんでした。
    ありがとうございます。

    *** Reply from Suzuki Kenichi ***
    お役に立てたようでよかったです。

▲ページの一番上に戻る