MicrosoftがLive Searchが大規模なアップデートを実行してから、1週間がたちました。

新しいLive Searchのアルゴリズムは、どのように変化したのでしょう。

SEO Book.comのAaron Wallは、リニューアル後のLive Searchのアルゴリズムを次のように分析しています。

  • アンカーテキストに、もっともっとウェイトが置かれた。
  • これまでは評価されていなかった質の低いリンクが、評価されるようになった。
  • 新しいリンクが、依然として大きく評価されている。しかし古いリンクも、前よりは評価が上がった。
  • Googleがインデックス削除したような登録型ディレクトリサーチエンジンからのリンクを、非常に好んでいる。
  • 内部リンクは、今でも重要視されているが、若干比重を落とした。

Microsoftは、今後も月イチのペースでマイナーアップデートを、年に1、2回のペースでメジャーアップデートを予定していると発表しているので、今後もアルゴリズムの修整が続くでしょう。

ところで、この海外SEOブログの先月(9月)の3大検索エンジンからのアクセスの比率は、次のようになっています。

  • Google:69.0%
  • Yahoo!:29.3%
  • Live Search + MSN:1.6%

Live SearchとMSNからのアクセスは、わずか1%台の数字です。
絶対的な検索数が少ないにせよ、Microsoftに嫌われているとしか言いようがありません。

今回のメジャーアップデートで、何か変化があるか1ヵ月後に比較してみます。

このエントリーが役に立ったらシェアしてください

[Ads & Featured Articles]

海外SEO情報ブログTOPBing検索 › Live Searchのアルゴリズム分析

▲ページの一番上に戻る