10月に入り、3大サーチエンジンのGoogle、Yahoo!、Live Search(MSN)がほぼ同時にそれぞれの変化を起こしました。

まず、Yahoo!から。

かねてからテスト的に公開されていたYahoo! Search Assist(ヤフー! サーチアシスト)が米Yahoo!で正式リリースされました。Yahoo! Search Blogでも発表されています。
※このブログのYahoo! Search Assist関連記事1Yahoo! Search Assist関連記事2

Yahoo! Search Assist ヤフーサーチアシスト 登場

米Yahoo!のホームページでの検索では、入力した文字を含んだキーワードの候補が表示されます。
入力を補助してくれ、サブキーワードを教えてくれます。

Yahoo! Search Assist ヤフーサーチアシスト 結果1
※クリックで拡大表示

続いて表示される検索結果画面では、関連したキーワードがアシストバーの右半分に表示されます。
こちらは、自分では思いつかないようなキーワードも提示してくれます。

Yahoo! Search Assist ヤフーサーチアシスト 結果2
※クリックで拡大表示

ユーザーにとっては、なかなか便利な機能ですね。
はやく日本のヤフーにも導入してほしいものです。

この他にも、ビデオ、イメージなども一括で検索できるようになり、Googleのユニバーサルサーチと同等の特徴を兼ね備えました。

検索精度は、はっきりいっていまいちのYahoo!ですが(笑)、使いやすさといった点では洗練されてきたように感じます。

次に、Live Searchです。

先日、大進化するMicrosoft Live Searchというタイトルで、新しいLive Searchについて報告しました。

いよいよ登場です。

Microsoft Live Search登場
※クリックで拡大表示

事前の発表ではまさしく「刷新」というバージョンアップでしたが、実際はどうなのでしょう。

WebmasterWorldDigitalPoint Forumsのディスカッションを見るかぎりでは、以前とたいして変わっていないという意見が大勢を占めています。

こんな、辛らつなコメントも出現しました。

If MS thinks their results have been better than Y! since 2006 someone should be ordered to take a drug and alcohol test.

もしMS(マイクロソフト)が、2006年以来、自分達の検索結果がYahoo!よりも優れてると考えてるなら、ドラッグ中毒かアルコール中毒の検査をした方がいいんじゃないか?

かなりのBlack Jokeです。(-.-)

多少の改善は見られたとの報告もありますが、前途は多難なようです。
でも、今までのMSNの悪いイメージが“こびりついている”ウェブマスターもいるはずなので、もう少し長い目で見てあげましょう。(笑)

とりを締めるのは、Googleです。

どうやらGoogleのインデックスが更新されたようです。
大騒ぎするほどにはなっていませんが、WebmasterWorldで、メンバーがSERPs(検索結果ページ)の変化に気付いた投稿をポストしました。

よりコンテンツの充実したサイトのランキング上昇、「Supplemental Index(補足結果)」の減少(表示はすでに消滅)、“ゴミサイト”のインデックス消去などが報告されています。

サーチエンジン同士の競争も、ますますし烈になってきた感がします。

このエントリーが役に立ったらシェアしてください

[Ads & Featured Articles]

次のエントリも読むとSEOにさらに強くなります。

海外SEO情報ブログTOPGoogle SEO › Yahoo! Search Assist公開、新Live Search登場、Googleアップデート

▲ページの一番上に戻る