CTRアップに期待、How-toリッチリザルトが日本のGoogle検索でも導入される

[レベル: 中級]

How-to(ハウツー)のリッチリザルトが日本の Google 検索 (google.co.jp) でも導入されました。

How-to は、今年の 5 月の Google I/O での発表と同時に一般公開されていましたが、日本では導入されていませんでした。

日本の Google モバイル検索の How-to リッチリザルト

日本の Google モバイル検索での How-to リッチリザルトの例です。

How-to リッチリザルト

How-to リッチリザルト

カルーセル画像の最後の「すべて表示」をタップすると、そのページに飛びます。

すべてのステップが検索結果に載っていない場合は、トラフィックが確実に増えそうです。

画像のカルーセルタイプのほかには、展開型の How-to リッチリザルトもあります。

How-to リッチリザルト

同じページでも、クエリによってカルーセル型になったり展開型になったりします。
何が違いを生み出すのかはわかりません。
画像が表示されるカルーセル型のほうがクリック率は上がりそうです。

検索パフォーマンスでレポート確認

How-to の構造化データをすでに実装しているなら、検索パフォーマンスの「検索での見え方」フィルタでレポートを確認してみてください。
8 月 28 日 〜 29 日あたりで、日本での展開が始まったようです。

検索パフォーマンスの How-to

日本での展開は秋以降になりそうだとも聞いていたのですが、夏の終わりには間に合ったようです。

検索結果での CTR にどんな変化が起こるか注目です。
一般的なリッチリザルトとは異なり、(手順が2 つ、3 つでない限りは)How-to リッチリザルトは検索結果ですべての必要な情報が手に入りません。
したがって、ユーザーはページに訪問します。
CTR の上昇を期待しましょう。

;