あなたの管理サイトは、今現在いくつのページで構成されていますか?

このブログは、このまま平日更新を続けたとすると、あと1月半ほどで1,000記事の節目を達成します。

WebmasterWorldで、たったの2ページしかないシンプルなサイトをどうやったら上位表示できるのかという質問が投稿されました。

ただ、完全にモノグサのウェブマスターではないらしく、以下のように彼なりにやるべきSEOは思いついてはいるようで、意見を求めたのでした。

  • SEOにふさわしいtitleタグを付ける
  • h1タグ、h2タグなどhタグを付ける
  • メインコンテンツのキーワード出現数を5%以内に収める
  • キーワードをアンカーテキストに入れて内部リンクを張る

フォーラムアドミニストレータのtedsterと他のメンバーからのアドバイスをまとめます。

  1. titleは、SEOを意識するのはもちろんのことユニークなtitleにする。
  2. meta descriptionもユニークにする。ランキングには必ずしも影響しないが、スニペットに利用されるので上位表示できたときにクリック率に影響を与えることができる。
  3. ターゲットキーワードだけに気をとられすぎない。関連用語の他、そのキーワードを含まない語句も使う。たとえば「ワイン」がテーマだったら、「アルコール飲料」「ヴァライエタル・ワイン(単一のぶどう品種で造られたワインのこと)」「ボトル」「コルク」「最高のヴィンテージワイン」のような言葉も、いくつか加える。これは「共起」と呼ばれるが、極端にやりすぎると逆にスパム扱いされるので、自然な文章を心がける。
  4. 2ページだけの上位表示は長くは続かないだろうから、コンテンツの拡充を目指す。
  5. バックリンクを集める。

1~3は、tedsterの発言です。
1,2はそのとおりですが、3は要注意ですね。
関連キーワードを入れたライティングが重要なのは、このブログでも以前に解説していますが、詰め込めばいいというものではないんですね。

個人的には、4を推し進めてページを増やすべきだと思います。
Googleにせよ、Yahoo!にせよ、ボリュームのあるサイトを評価する傾向が強くなってきているように感じます。

またGoogleでは、ウェブページにはリンクが張られてなくても最小限のPageRankが最初から与えられています。
ページが増えれば増えるほど、微々たるものとは言え、PageRankを得ることができるのです。

ペラページは、短期勝負で一気に稼ぐアフィリエイトサイトには最適かもしれませんが、商用サイトとして2,3年それ以上の長いスパンで考えると安定を保ち続けるとは考えにくいです。

5にしても、よほど珍しいコンテンツでヴァイラル効果でも発生しない限りは、リンクが集まるとは思えません(なお質問者は内的SEOの情報だけを求めています)。

自作自演に頼るしかないですよね。

バックリンクがすでに付いている期限切れドメインを使うという手もありますが、それとていつまで効力を保つかは不透明です。

質問者は、内部リンクによる施策に気付いています。

確かに内部リンクは重要で、内部リンクを上手に使えばそれだけで上位表示が可能な場合も多々あります(特にサイトが強ければ強いほど)。

でも、2ページしかなければ内部リンクを張り巡らすわけにはいきません。
仮に1つのページから同じページに向かって何本リンクを張ったとしても、効果は限定されます。

質問者が運用する2ページだけのサイトがどのようなテーマを取り扱っているかは分かりませんが、ニッチなキーワードで競合がきわめて少ない、あるいはよほど人をひきつける独創的なコンテンツで爆発的なリンクを集められる、そんな状況でない限りは、永続的な上位表示を確保するのは難しいのではないでしょうか。

もっとも、そういうキーワードやコンテンツを手にしているのなら非常にうらやましいことではありますが。

このエントリーが役に立ったらシェアしてください

[Ads & Featured Articles]

海外SEO情報ブログTOPGoogle SEO › 2ページだけのサイトを上位表示させる方法

Comments

  1. By tac on

    > 個人的には、4を推し進めてページを増やすべきだと思います。
    > Googleにせよ、Yahoo!にせよ、ボリュームのあるサイトを評価する傾向が強くなってきているように感じます

    こちら、まさにおっしゃるとおりですね。
    おっしゃるとおりの現象が僕のサイトにも起こっています・・・。

    やはり、手抜きコンテンツはだめですねぇ、と痛感しました。

    *** Reply from Suzuki Kenichi ***
    手抜きコンテンツを作ったからこそ、手を抜いてはいけないと実感できたんですよね。
    ムダではなかったということです。
    ちなみに僕も手抜きコンテンツは、たくさん作りましたよ。(笑)

▲ページの一番上に戻る