現代のサーチエンジン、特にGoogleではリンクのアンカーテキストが、検索順位を決める大きな要因になっています。

今さら言うまでもないことですね。

アンカーテキストには、狙ったキーワードをなるべく多く含めたいものです。
とはいえ、あまり詰め込みすぎるのもどうなんでしょう。

Googleは、アンカーテキストに含まれたキーワードをすべて、リンク先のページのテーマを指し示す情報として評価してくれるのでしょうか。

「Googleは、アンカーテキストの何文字目までを、そして何番目までの単語をカウントするのか」、
HoboブログのShaun氏が、実験を通して調査しました。

結果から言うと、
「Googleは、8個の単語、約50文字を有効なアンカーテキストとして評価する」
とのことです。

9個目以降のアンカーテキストの単語は、無視されるようです。
単語と単語の間のスペースを考慮すると、文字数は55以内に抑えるべきです。

あれもこれもとキーワードをアンカーテキストに入れても、無意味になってしまうんですね。
文章の中のフレーズにリンクを貼ることもありますが、長くならないように注意が必要です。

また、Shaun氏の実験は、当然のことながらアルファベットを用いています。
アルファベットで50文字というと、日本語ではだいたい半分の25文字くらいになりますね。

単語数はどうなるんでしょうか。
英語と違って、日本語は単語と単語の間にスペースは入りませんから、形態素での分割になるように思います。

興味があれば、実験してみてください。

Shaun氏が、行った実験の手順は以下のとおりです。

  1. 信頼度のあるサイトのホームページに向けて、意味のない単語で(半角)50文字からなる1つの長いアンカーテキストでリンクを張る。
  2. 意味のない単語の文字数は、それぞれ(半角)6文字
  3. サイトが1位表示されるような一般的なキーワードで検索し、次に意味のない単語を順に付け加えて、検索する。アンカーテキストにだけその意味のない単語が存在するので、結果としてアンカーテキストが張られたサイトが検索結果に表示されるはず。
  4. こうやって何番目までの文字、単語をGoogleが認識するのか推測する。

上のプロセスを参考にして、日本語環境に合わせた実験をぜひ行ってみてください。
結果報告を待ってます。w

このエントリーが役に立ったらシェアしてください

[Ads & Featured Articles]

次のエントリも読むとSEOにさらに強くなります。

海外SEO情報ブログTOPGoogle SEO › Googleは、何文字目までをアンカーテキストとして評価するのか

Comments

  1. By on

    意図的にリンクする場合、ふつう単語数・文字数ともに今回の検証の上限に達しないと思うのであまり使い道はなさそうですが、面白い検証ですね。

    でも、日本語においては、文字数上限が25文字で単語数4つまでだとしたら単語数でひっかかるケースはありそうで、大変興味深いです。

    *** Reply from Suzuki Kenichi ***

    ふつう単語数・文字数ともに今回の検証の上限に達しない

    「エステ 渋谷 新宿 池袋 銀座 恵比寿」とかやりたくなりませんか?(笑)
    英単語8個が日本語単語4になるかも、調べないと分かりませんね。

  2. By jakk on

    Googleは形態素ではなく、自らがもってるWebサイトDBからの類似例で
    単語を区切っているんだったとおもいます。

    というのはおいておいて、
    結構簡単にできるテストなので、
    時間があったらやってみたいとおもいます?

    *** Reply from Suzuki Kenichi ***

    自らがもってるWebサイトDBからの類似例で単語を区切っている

    なるほど、そうかもしれないですね。
    ぜひ実験してみてください。

  3. By on

    面白い尺度の検証ですね。僕にはなかった発想です。
    実施してすぐに検証できるという意味でも興味深いのでチャレンジしてみようかと。

    *** Reply from Suzuki Kenichi ***
    検証してみてください!

  4. By on

    ターゲットのキーワードが3つあったとして、

    ・3つすべてのキーワードを含んだ文章でリンクを3つ張る場合
    ・1つのキーワードのみのリンクをそれぞれ1つずつ張る場合

    どちらのほうが効果的なんでしょうね?

    まぁ、1つのキーワードのみって言うのは不自然なのでやらないと思いますが、
    2つと4つとかだとけっこう悩むかもしれません。

▲ページの一番上に戻る