[対象: 中級]

フォローアップ記事も必ず読んでください。

URLが同じ1つのページだけれど「タブ」によって表示コンテンツを切り替えるデザインのページでは、初めの状態で画面に見えていないコンテンツは無視されるかもしれません。

GoogleのJohn Mueller(John Mueller)氏がGoogle+のハングアウトでそのように発言したとDejan SEOブログがレポートしています。

タブ切り替え式のデザインとは下のようなタイプのページです。

タブ切り替えのコンテンツ

これは価格.comさんからのキャプチャですが、価格.comさんはタブごとにURLが変わるので今回のケースには該当しません。
デザインのサンプルとして利用させてもらいました。

問題となるのはタブで切り替えてもURLが変わらない方式です。

ブラウザが(検索エンジンのロボットも)取得するHTMLソースにはすべてのコンテンツが含まれていますが、選択したタブに応じてどの部分のコンテンツを見せるかを指定します。
CSSなどで表示範囲を制御できますね。

こうした場合、検索ユーザーがそのページに着地したときに検索キーワードが初期状態で表示されているコンテンツに入っていないことがありえます。
選択されていないタブに求めていたコンテンツがあったとしたらそのコンテンツをユーザーはすぐには見つけることができません。

これはユーザーエクスペリエンスを低下させる恐れがあります。

したがってそれぞれのタブには個別のURLを(価格.comさんのように)割り当てたほうがいいとMueller氏はアドバイスしたとのことです。

う〜ん、どうなんでしょう。

URLが同じ1つのページでタブによって表示コンテンツを切り替えるサイトはたくさんありますよね。
タブごとにURLを変えると今度は1つのページのコンテンツ量が少なくなってしまい、品質が低いとしてパンダアップデートに引っかかってしまう危険がありそうです。

事実、タブ切り替えタイプのサイトが影響を受けているっぽいとするパンダ分析もあったほどです(ちなみにこの記事を書いたJill Whalenさんのパンダ導入直後の即席の分析)。

Dejan SEOブログは、隠れたコンテンツが依然としてきちんとインデックスされていることをテストして確認しています。

ただし隠れているコンテンツの評価が見えるコンテンツと比べて同じなのかどうかは定かではないとも付け足しています。

John Mueller氏が今回の発言をしたハングアウトはこれこれのどちらかです。

どういったコンテキストで言ったのか見てみたいと思います。
可能ならもう少し詳しく本人から説明を聞けるといいんですけどね。
挑戦はしてみます。

結論を出せなくて申し訳ないのですが、あなたは1URLのタブ切り替えデザインについてどう思いますか?

このエントリーが役に立ったらシェアしてください

[Ads & Featured Contrents]

海外SEO情報ブログTOPGoogle SEO › タブ切り替え式デザインのページで見えないコンテンツは無視されるかも

Comments

  1. By エビス on

    いつも勉強させていただいております一読者です。

    弊社商材が年配の方も買い付けるような商材という
    前提でのお話で恐縮ですが
    自社システムでの通販サイト運営制作に携わっている中
    お客様からの問い合わせで
    「タブページにて、目的の商材が見当たらない」という
    問い合わせを頂くことが、ままあります。

    しかし、「目的の商材」が
    (価格.comさんのキャプチャで言うのなら
     1タブ:価格比較
     2タブ:中古価格比較)
    「2タブ以降」に記載されているにもかかわらず
    「タブ」というシステムを理解しておらず、その商材に
    行きつけないという状況が発生しております。

    もちろん問題なく2タブ、3タブをご自身でクリックして
    行き着けるお客様もおられますし
    タブ「らしい」デザインになっていない等原因は色々有り
    この事例だけがクローズアップされることではないと思いますが
    ユーザイビリティの一環として
    「タブは押してもらえ難い」事が、決して少ない事例ではないという事を
    書き付けさせて頂きます。

    今後とも、有益な情報勉強させて頂きます。

    *** Reply from Suzuki Kenichi ***

    たしかにタブ切り替えが優れたUIとは言えませんね。
    形や配色によっては気付いてもらえないことは十分にありえます。
    それにユーザーの属性によってもユーザービリティの低下を招きそうです。

    便利なデザインですが、使わない手段があるならそちらを選ぶべきでしょうね。

    示唆に富んだコメントでしたので今日の記事で紹介させていただきました。
    コメントありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


▲ページの一番上に戻る