[レベル: 上級]

画像検索からのリファラー URL を今後数か月かけて新しいものに変更していくことを Google はアナウンスしました。

リファラーの変更に伴い、アクセス解析の設定変更が必要になるケースがあります。

新しいリファラー URL は https://images.google.com

Google 画像検索からの検索トラフィックを的確に計測することが今までは簡単ではありませんでした。
そこで、新しいリファラー URL を画像検索に適用することで計測の問題の解決を Google は図りました。

新たに導入されるリファラー URL は https://images.google.com になります。
画像検索からのトラフィックの参照元が数か月にわたって徐々にこの URL になります。

リファラー URL は HTTP ヘッダーの一部として送信され、最後にいたページつまり目的のウェブページに訪問するためにクリックしたページを示します。

なお、ウェブ検索結果に表示された画像の表示やクリックは、画像検索ではなくウェブ検索のものとして Search Console では今までどおりに認識されるとのことです。

アクセス解析ツールの変更が必要な場合も、GA/SC は不要

画像検索からのトラフィックを計測するために、アクセス解析ツールで独自設定していた場合はリファラーが変わるので変更が必要な場合が出てきます。
アクセス解析担当者と相談してください(あなたがアクセス解析担当の場合はご自身と相談を😉)。

Google アナリティクスは自動で更新されるので、何もする必要はありません。
また、Search Console でのレポートにもリファラー変更は影響を与えません。

つまり、検索トラフィックの監視に Google アナリティクスと Search Console の2つだけを使っているのであれば、何も気にしなくていいということです。

リファラー URL は ccTLD が使われる

新しいリファラー URL は https://images.google.com だと先ほどお伝えしました。

しかし、各国版の Google(例: 日本なら google.co.jp、英国なら google.co.uk、ドイツなら google.de)でユーザーが画像検索したときは、リファラー URL にはその ccTLD が用いられます。
日本のユーザーは一般的には、google.co.jp を使っているでしょうから、画像検索の大多数のリファラー URL は https://images.google.co.jp になるはずです(現在は、Google 検索のドメイン名にかかわらずユーザーが今いる国の検索結果を返すようになっています。日本にいる限りは、google.com で検索しても googl.co.jp の結果が返ってきます。そのためユーザーはどの国にいても google.com で検索するだろうから画像検索のリファラー URLのほとんどは https://images.google.com になるだろうと公式ブログは説明しています。しかしながら、僕たちには当てはまらないと思います)。

画像検索のリファラー URL が新しくなることは大きな変更ではありますが、何らかの対応が必要になるサイトはごくわずかでしょう。
大部分のサイトにとっては、計測に影響しません。

このエントリーが役に立ったらシェアしてください

[Ads & Featured Articles]

海外SEO情報ブログTOPGoogle SEO › Google、画像検索からのトラフィック用に新しいリファラーURLを導入

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


▲ページの一番上に戻る