[レベル: 中級]

GoogleとBingは共同でサイトマップのプロトコルを更新しました。
サイトマップファイルのサイズ上限が拡大されています。

Googleは、英語ではTwitterで、日本語ではGoogle+でアナウンスしています。
Bingはブログでアナウンスしました。
Sitemap.orgの公式サイトでは、FAQが更新されています。

サイトマップ プロトコルを Bing と協力して更新しました!サイトマップやインデックスのファイル サイズの上限も拡大しましたので、ぜひ http://sitemaps.org をご覧ください!

ファイルサイズ上限が10MBから50MBへ

サイトマップのファイルサイズの上限は従来は10MBまででした。
これが現在は、50MB(52,428,800バイト)まで引き上げられています。

ただし圧縮しない状態で50MB以下に抑える必要があります(従来は圧縮しない状態で10MBまで)。

掲載可能なURLの数は50,000件以下です。
これは従来と代わりありません。

大規模サイトに意義ありの更新か

ファイルサイズは5倍に増えたけれど、URL数は変わっていません。

あまり意味がないように思えますが、多言語サイトで設定する hreflang や 別URL構成のモバイルサイトで設定する alternate をサイトマップでは付加情報として追加できます。
たとえば10か国で展開しているグローバルサイトだと1つのURLに関する情報は、そのURLだけではなくほかにも追加されます。
こうした状況だとURL数が50,000件以下でもファイルサイズが増えていくことがあるのでしょう。

超大規模サイトではありがたい更新になるかもしれません。
とはいえ、一般的なサイトでは、意識するほどの更新ではなさそうです。

なおファイルサイズが50MBを超える場合、またはURL数が50,000件を超える場合は、サイトマップを分けます。
分けたサイトマップは個別に送信してもいいし、サイトマップインデックスファイルに登録してまとめて送信することも可能です。

詳しく知りたい場合はヘルプ記事を参照してください。

このエントリーが役に立ったらシェアしてください

[Ads & Featured Contrents]

海外SEO情報ブログTOPGoogle SEO › Google、Bingと共同でサイトマップのファイルサイズ上限を10MBから50MBに拡大

Comments

  1. By john on

    いつも拝見させていただいております。
    すでに検索結果に表示されているページはクローリングされている、とみなして今から新たにサイトマップの送信は実施しなくてもよいのでしょうか?
    メリット面がいまいちわからないもので・・・

    *** Reply from Suzuki Kenichi ***
    すでにインデックスされているページで、コンテンツに更新がない(中身に変更がない)のであればサイトマップに登録する意味は特にありません。
    新規公開したページのURLやコンテンツを更新したページのURLのクロールをサイトマップ送信によって促すことができます。
    とはいえ、思いどおりにきちんとクロールされているサイトであればサイトマップを利用しなくても問題がないことも事実です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


▲ページの一番上に戻る