[対象: 中級]

スマートフォン向けサイトがあることを示すアイコンをモバイル検索結果に表示するテストをGoogleが再開したことを先日伝えました。

反対に今度は、スマートフォン向けサイトが“ない”ことを示すアイコン表示を試しているようです。

斜線が入ったスマホのマーク

非スマートフォン対応のサイトのページが検索結果に出てくると、斜線が入ったスマホのアイコンがURLの先頭に付きます。

Twitterで、@malcolmcoles さんと @sandyallenphoto さんがスクリーンショットを投稿しています。

iOSのSafariでの目撃です。
斜線で非スマホ対応を示すアイコン on iOS Safari

AndroidのChromeでの目撃です。

斜線で非スマホ対応を示すアイコン on Android Chrome

CTRにマイナスの影響が出るかも

今のところGoogleがコメントしたという事実はないので、非モバイル対応をこのアイコンが意味しているとは断言できません。
とはいえ、一般的な感覚からするとそう受け止められるでしょう。

ところがこのアイコンが付いたサイトのなかには、モバイル対応が実際にはできているサイトがあるようです。

単にモバイル向けサイトがあることだけでは不十分なのでしょうか?

モバイルユーザーに対するユーザー体験をGoogleは重要視しています。
モバイルサイトがあったとしてもユーザー体験が劣っているサイトにはNGマークを表示するなんていう意図が、ひょっとしたらあるのかもしれませんね(ただの推測です)。

いずれにしても、「スマホ対応」よりも「スマホ対応」のアイコンのほうが検索結果でのクリック率 (CTR) に響きそうだとは思いませんか?
もちろんそれはCTRを下げるマイナスの影響です。

【UPDATE】
日本でもテストしているようです。

このエントリーが役に立ったらシェアしてください

[Ads & Featured Contrents]

海外SEO情報ブログTOPモバイルSEO › 非スマホ対応を示すアイコンを表示するモバイル検索結果をGoogleがテスト中か

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


▲ページの一番上に戻る