[レベル: 上級]

GoogleタグマネージャがAMPをサポートしました。
AMPページのアクセス解析をGoogleタグマネージャでできるようになります。

AMPにGoogleタグマネージャを設定する手順

AMPページにGoogleを設定する手順を説明します。
次のような手順になります。

  1. AMP用のコンテナを作成する
  2. AMPページにトラッキングコードを設置する
  3. タグを作成する
  4. プレビューして公開する

1. AMP用のコンテナを作成する

まず、AMP用のコンテナを新規に作成します。
コンテナの使用場所にはAMPを選択します。

AMPコンテナを作成

2. AMPページにコードを設置する

コードが発行されるので、すべてのAMPページに貼り付けます。

AMP用のコードをインストール

2つのコードがあります。

1つ目のコードは、AMPページの head タグの最後に貼り付けます(日本語UIでは「head」が抜けているので注意!)。

<script async custom-element="amp-analytics" src="https://cdn.ampproject.org/v0/amp-analytics-0.1.js"></script>

2つ目のコードは、 <body> タグの先頭に貼り付けます。

<amp-analytics config="https://www.googletagmanager.com/amp.json?id=GTM-XXXXXX" data-credentials="include"></amp-analytics>

GTM-XXXXXXはコンテナ固有のIDなので必ず自分のものを貼り付けてください

3. タグを作成する

次に新しいタグを作成します。
タグマネージャに設定するタグタイプとトリガーを指定します。

タグとトリガーの作成

ユニバーサルアナリティクスで設定した例です。

ユニバーサルアナリティクスのタグとトリガー

Googleタグマネージャが対応しているタグAMP用の組み込み済み変数はヘルプ記事を参照してください。

4. プレビューして公開する

最後は、プレビューで問題がないことを確認して公開します。

これで完了です!

Googleアナリティクスほか多数の解析ツールがAMPのアクセス解析をすでにサポートしています。
ですが、Googleタグマネージャはサポートしていませんでした。

タグマネージャのほうが管理が楽なこともあるし、タグマネージャでしか計測できないこともあります。
タグマネージャを普段から利用しているサイト管理者にはタグマネージャのAMPサポート開始は嬉しいニュースになるでしょう。

このエントリーが役に立ったらシェアしてください

[Ads & Featured Contrents]

海外SEO情報ブログTOPモバイルSEO › Googleタグマネージャが⚡AMPに対応

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


▲ページの一番上に戻る