プライバシー問題で物議をかもし出しているGoogleストリートビューに、ユーザーオリジナルの写真が表示されるようになりました。

パリ エッフェル塔のストリートビュー

上部にサムネイル形式で、場所に対応した写真が並びます。
数が多い場合は、スライド形式で入れ替わります。

Google Lat Long Blogによると、これらの写真はPanoramio(パノラミオ)という画像投稿サイトにユーザーが投稿した写真を利用しているとのことです。

どの画像をピックアップするかは、イメージマッチング アルゴリズムの技術を使い、ストリートビューの場所に対応したものを選びます。

Googleマップ日本でもすでに利用でき、日本国内の場所でもストリートビューとユーザーオリジナル写真の関連付けが始まっています。

こちらは、「銀座 数寄屋橋」のストリートビュー+オリジナル写真です。

銀座 数寄屋橋のストリートビュー

こちらは、「東京タワー」のストリートビュー+オリジナル写真です。

東京タワー

写真の数が少ないですね。

画像投稿といえば、Flickr(フリッカー)が有名ですが、Panoramioは日本ではどのくらいポピュラーなんでしょうか?

Flickrは買収により、今はYahoo!の所有物です。
Panoramioは、2007年にGoogleが買収しています。

僕は、今回初めて知りました。

利用するユーザーの数が増えれば、日本でもストリートビューに表示される写真が増えてきそうですね。

プライバシーの問題はあるものの、明らかに公共の場所であればストリートビューは非常に便利なサービスです。

これにユーザーが作ったコンテンツであるUGC(User Generated Content)が、加わればさらに便利になりそうです。

このエントリーが役に立ったらシェアしてください

[Ads & Featured Articles]

海外SEO情報ブログTOPGoogle SEO › Googleストリートビュー、ユーザーオリジナル写真を掲載

▲ページの一番上に戻る