Guns N’ RosesSEOとは直接関係のないトピックですが、Google検索に頼り切っている僕たちには、ちょっとばかりドキッとする話です。

CNETによると、米フロリダ州で妻殺しの殺人容疑にかけられていた男性が、Googleの検索履歴を証拠のひとつとして終身刑の判決を受けました。

被告のコンピュータには、trauma(トラウマ), cases(銃のケース?), gunshot(射撃、発砲), right chest(右胸), Florida & divorce(フロリダ 離婚)といったキーワードでの検索の跡が発見されたそうです。

また、Guns N’ Roses(ガンズ アンド ローゼス)というロックバンドの“Used to Love Her”という曲をダウンロードしていました。

この曲の歌詞には、次のようなフレーズがあります。
“I used to love her, but I had to kill her / I had to put her / Six feet under / And I can still hear her complain.(オレはあいつを愛していたんだ、でも殺さなきゃいけなかった。6フィートの深さに埋めなきゃいけなかった。そして、まだあいつが愚痴をこぼすのが聞こえる。)”

閲覧履歴でアダルトサイトを見たのが親にばれる子供の話は、よくありがちですが、閲覧履歴で有罪、しかも終身刑の判決が下されるとは、Googleが社会に及ぼす影響はますます大きくなっていますね。

気をつけましょう(何を?w)

P.S.
Guns N’ Rosesは、学生のころ大好きでよく聴いてました。
17年ぶりにアルバムを出したとか。

このエントリーが役に立ったらシェアしてください

[Ads & Featured Articles]

海外SEO情報ブログTOPGoogle SEO › Googleでの検索履歴が有罪判決の証拠になった

Comments

  1. By on

    このタイトルで、アクセル・ローズの写真があると、アクセルが有罪判決を受けたように見えます(笑

    *** Reply from Suzuki Kenichi ***
    アクセルは横暴だったけど、悪人ではなかったです。(笑)
    それにしても、さすがにふけましたね。

  2. By on

    なぜかアクセル・ローズがアダルトサイトを見ていて親に怒られる姿を想像してしまいました

    *** Reply from Suzuki Kenichi ***
    Gunsを知ってる読者さん、意外に多そうです。
    同年代が多いんでしょうかね。

▲ページの一番上に戻る