GoogleはAdSenseの収益配分率を公表しました。

この発表によれば僕たち広告主発行者の収益配分率は以下のようになっています。

  • コンテンツ向けAdSense:68%
  • 検索向けAdSense:51%

フィード向けAdSenseモバイルコンテンツ向けAdSenseなど上の2つ以外のプロダクトに関しては、今回は公表されませんでした。

AdSenseの新しい管理画面の「アカウント設定」ページでは配分率が表示されるようになっています。

アドセンス管理画面の収益配分率表示

WebmasterWorldでのGoogle AdSenseの代表のコメントによれば既存の管理画面でもまもなく表示するとのことです。

今回発表された収益配分率は個々で申請し登録した発行者に対する比率になります。
大規模なサイトでGoogleと直接契約している発行者に対しては、それぞれの契約に応じた比率になっているそうです。

Googleの決算データを基に計算すると広告主発行者には8割近くが配分されているようだという推測もありましたが、さすがにそこまでは高くなかったですね。

68% と 51% という数字を大きいととるか小さいととるかは人それぞれの感覚によるでしょうが、個人的には半分以上分けているのは”気前がいい”という印象を持ちます。

あなたはどう思いますか?

このエントリーが役に立ったらシェアしてください

[Ads & Featured Articles]

次のエントリも読むとSEOにさらに強くなります。

海外SEO情報ブログTOPGoogle AdSense › GoogleがAdSenseの収益分配を公表、68%が発行者へ配分

Comments

  1. By on

    人は人のためには働かない。

    という部分をついている配分だと思います。個人的な意見ですが、やる気の出るパーセンテージです。

    *** Reply from Suzuki Kenichi ***

    人は人のためには働かない。

    「お金」 のため?(笑)

▲ページの一番上に戻る