[対象: 全員]

顧客の評判が悪いネットショップが上位表示できないように今年後半にGoogleはアルゴリズムを改良するかもしれません。

悪評サイトの評価を下げる

米オースティンで開催されているSXSW(サウス・バイ・サウス・ウェスト)カンファレンスのセッションのなかでGoogleのMatt Cutts(マット・カッツ)氏が下のように発言しました。

質の低い体験をさせるショップを我々は検索結果で上位表示させたくない。ショップの質を見てもっといい対応ができないか取り組んできた。今年後半、ひょっとするともう少し早くなるかもしれないが、対処する見込みがある。

セッションの司会を務めたDanny Sullivan(ダニー・サリヴァン)氏がSearch Engine Landでレポートした内容になります。

たちの悪い競合が自分たちよりも上位に表示していることを懸念しているショップ運営者に対しての回答です。

評判が良くないことをどうやって判断するのか?

悪い評判を与えられていることをGoogleはどうやって判断するのでしょうか?

具体的な話は出なかったようですが、偽もののレビューを見破ることが1つにあるのではないだろうかとDanny Sullivan氏は推測しています。
日本で言うなら“ステマ”ですかね。

利用者の評価がランキング要因の1つとして使われていることをMatt Cutts氏は暗に認めたようです。

悪い評判を作為的に集めることで上位表示させることに成功したDecorMyEyesというネットショップが購入者とトラブルを起こした事件が過去にありました。

問題が発覚した後、Googleは速やかにアルゴリズムを改良し、実際に、悪い評判のサイトが検索結果の上に出てこないようにしました。

しかしこのとき以上の仕組みを採用する可能性もありそうです。

Matt Cutts氏は次のようにもコメントしました。

優れたショップかどうかを見分けることに利用できる他のシグナルがないか私たちは自問自答している。そういったものを見つけることができて、すべてがそれほどスパムっぽくないなら喜んでそのシグナルを使うだろう。

センチメント分析の本格導入か?

ここは僕の妄想想像です。

DecorMyEyes事件のときのアルゴリズム改良では結果的に見送った、“センチメント分析 (Sentiment Analysis)”を導入する準備が整ったのかもしれないと僕は考えます。

センチメント分析とは、簡単に言うと、「その評判が好意的なものかそれとも否定的なものか」を見分ける仕組みです。
否定的な評判をもらっているものに対しては検索結果にもマイナスの評価を付けます(詳しくはリンク先を参照)。

理由があって以前は採用しなかったわけですが、問題点を克服したと考えることもできます。

ネットショップ運営者が心がけること

詳細な情報は今後出てくるでしょう。
新しい情報が入ったら随時お伝えしていきます。

さしあたりネットショップの運営者が心がけることは以下でしょう。

  • 購入者はもちろん見込み客に対しても満足してもらえるように対応する
  • 商品・製品について役に立つ情報(コンテンツ)を提供する
  • 好意的な評価を書いてもらえるようにする
  • 偽装したレビューをでっちあげない

当たり前といえは当たり前のことばかりで今さら意識すべきことではありません。
加えて、どれもSEOがどうこうの話ではありません。

とはいえ、新たなアルゴリズムが導入されたときに慌てふためかないために当然やるべきことは確実にやっておきましょう。

このエントリーが役に立ったらシェアしてください

[Ads & Featured Contrents]

次のエントリも読むとSEOにさらに強くなります。

海外SEO情報ブログTOPGoogle SEO › 評判の悪いネットショップのランキングを下げるかもしれない、とGoogleのマット・カッツがSXSWでコメント

Comments

  1. By on

    単純に、実績があるネットショップが優先されて表示されるようになるだけでしょ。たぶん、いまある商品検索の結果をメイン検索の方にだしてくるんでしょうね。

    影響は、小さいショップは、大きなショップに淘汰されやすくなるだろうし、あと、商品アフィリエイトしているブログも表示回数が減るでしょうね。PRが高いジャーナル系ブログとかも、商品名で検索した場合、前までは上位にでていただろうけど、商品との関連性と、ブログ全体の関連が薄くて、かつ商品ショップとしての実績が小さければ、でないということになるのかも。

    結局は、ネットで商品を売りたければ、アドワーズで広告枠を買うか、SEOにたよらないで集客するしかなくなるってことだと思います。

    ま、大きい痛手は、商品アフィリエイトも収益にしているネットサービスを提供している会員数が多いところかなぁ。逆に有利になるのは、メールアドレスを収集して、メールで商品広告をしているところでしょうね。あと、商品と、まったく無関係なブログは、検索結果に影響はでない。もしかすると、アドセンス広告の方の収益があがるかもしれない。

    結局、グーグルの広告モデルに最適化するってだけなんでしょうね。ここ数日で、商品検索すると、でなくなった、よく見た形式のブログやショップ系が、ごそっと上位ページから消えているような気もします。これがもっと進むと、検索する人の回数も減りそうな気もしますね。検索結果がいつも同じショップしかでないなら・・・で、検索回数が減ってしまったら、グーグルには損失なので、また、もとに戻すこともあるかも?

    *** Reply from Suzuki Kenichi ***
    コメントありがとうございます。
    どんな形で実装されるのか、導入を楽しみに(?)待ちたいと思います。

  2. By にしざわゆうき on

    すずきさん、こんにちわ。

    本当に対処をしてもらえるのあれば、
    ユーザーにとってとても良い検索結果を提供できそうですね。

    ネットショップオーナーが、
    ただ商品を販売するだけではなく、
    それ以上に有益な情報を提供できるように…

    と努めてくれるようになれば、
    ネットでの買い物は良い形で変化するかもしれませんね。

    *** Reply from Suzuki Kenichi ***
    そうですね、評判のいいECサイトを上位に表示してくれることは僕たちユーザーにとって嬉しいことです。
    新しいアルゴリズムが狙いどおりに働くことを期待しましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


▲ページの一番上に戻る