[対象: 中〜上級]

Googleアナリティクスでユーザー権限の割り当て範囲が3つに増えました。

今までは「管理者」と「ユーザー」の2種類でした。

これからは3種類になります。

Googleアナリティクスの新しい3つの管理権限

  • Manage Users(ユーザー管理): ユーザーの追加・削除と割り当て権限の変更が可能。ほかの「Edit」と「View」の権限は含まれていない。
  • Edit(編集): アカウントやプロパティ、プロファイル、フィルタ、目標など管理およびレポート関連の操作とレポートの閲覧が可能。下の「View」の権限を含む。
  • View(閲覧): レポートの閲覧のみ

なおこの記事を公開する時点ではヘルプがまだ日本語化されていないため、カッコ内は僕が割り当てた日本語です。

役割の分離

変更の大きな特徴の1つはユーザー管理の部分が切り離されたところです。

「Manage Users」は各種設定ができないばかりかレポートを見ることもできません。
できることはユーザーの管理つまりアクセスできるユーザーの追加と削除だけです。

大きな組織になるとアクセス解析のデータを分析する人と分析する人を管理する人が違ってくることがあるからでしょう。

ユーザー管理の権限がなくなったことを除くと、「Edit」は今までの「管理者」に相当します。
「View」は「ユーザー」に相当します(メモについて一部変更あり)。

変更後は、「管理者」には「Edit」と「Manage Users」の権限が割り当てられ、「ユーザー」には「View」の権限が自動的に移行されます(複数の権限の割り当てが1ユーザーに対して可能です。ユーザー管理が分離されたのでそうしないと今までの完全な管理権限を持てなくなってしまいますね。)。

割り当てレベルの階層化

ユーザー管理権限の分離に加えて、もう1つ大きな変更があります。

それは、アカウント・プロパティ・プロファイルの3つのレベルごとに権限の割り当てが可能になったことです。

Googleアナリティクスの構造はややこしくて、いちばん上に「アカウント」、次に「(ウェブ)プロパティ」そしてその次に「プロファイル」という3階層になっています。

それぞれの階層にユーザー権限を今後は割り当てられるようになります。

上位の階層に割り当てられた権限は下位の階層に引き継がれます。

たとえば、アカウントレベルで「Edit」の権限を割り当てられたユーザーはそのアカウントに含まれるすべてのプロパティとプロファイルに対しても「Edit」の権限を持ちます。

同じ会社のサイトでアカウントは共通だけれど、自分の部署で管理するプロファイルだけを見ることができて他部署が管理するプロファイルを見ることはできないという割り当てがたとえば可能です。

下の階層で異なる権限が割り当てられた場合はそちらが上書きされます。
ただし“増分”だけになります。

アカウントレベルでは「View」つまりレポートの閲覧のみだけれど、その下の特定のプロファイルだけにおいては「Edit」つまり各種設定を可能にすることができます。

しかしアカウントレベルで「Edit」の権限があるユーザーが特定のプロファイルにおいては「View」だけというのは無理です。
やれることが“減って”しまっているからです。

下の階層で権限を“増やす”ことができます。

新しいユーザー権限の割り当て機能は今後数週間かけて展開していきます。

今はまだヘルプが英語で、公式アナウンスも英語版ブログだけです。

日本語版ブログでの公式アナウンスと日本語ヘルプが近いうちに公開されるでしょう(と期待しましょう)。

ややこしく感じた方は僕の記事で概要だけつかんでもらって、詳細は公式の説明で理解してもらえればと思います。

P.S.
欲を言えば、設定変更はできなくても各種設定、たとえば目標設定を見られるユーザー権限があれば良かったのにと思いました。
今のユーザー権限(=新しいView権限)では目標の設定内容を知ることができず不便に感じることが時折あります。

【UPDATE】
日本版ブログで公式アナウンスが出ています。

このエントリーが役に立ったらシェアしてください

[Ads & Featured Contrents]

海外SEO情報ブログTOPGoogleアナリティクス › Googleアナリティクス、ユーザー権限の割り当てを3種類に拡張

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


▲ページの一番上に戻る