[レベル: 上級]

Googleには少なくとも2種類のインデックスが存在しているようです。

1つは「プライマリ インデックス」で、もう1つは「ファスト トラック インデックス」です。

プライマリ インデックスは、通常の正規のインデックスです。
URLはインデックスに正式に登録され検索結果に出続けます。

一方、ファスト トラック インデックスはより速くインデックスされますが、その後もずっと検索結果に出るとは限りません。
永続性がない、いわば”即席”のインデックスです。

Fetch as Googleでインデックス送信したURLが検索結果から消えてしまうのはなぜ?

英語版のオフィスアワーで次のような趣旨の質問が出ました。

17個のURLをFetch as Googleで送信した。それらのURLはサイトマップにも記述している。

17個のうち9個はインデックスにとどまっていたのだが、8個くらいはインデックスされたものの1週間かそのくらいでインデックスから消えてしまった。

これは普通にありうることなのか? 説明できるか?

Fetch as Googleでインデックス送信したページが、いったんはインデックスされて検索結果に出るのですが、しばらくするとインデックスから消えてしまうというのです。
しかもすべてではなく、一部のURLです。

どうしてこんな状況が発生するのでしょうか?

GoogleのJohn Mueller(ジョン・ミューラー)氏は、このように説明しました。

そういったことは、たしかに起こりうる。

インデックス送信するツールは本質的に、インデックスの速度を通常よりも速める方法だが、インデックスにとどまることは意味していない。

一方において、私たちが通常インデックスする、いわば”primary indexing mode(プライマリ インデックス モード)”にそうしたURLが切り替わるということもありうる。

即座のインデックスが、その後すぐにプライマリ インデックスに登録されたり、プライマリ インデックスへの登録と重なったりしていれば、インデックスから消滅する状態を見ることはないだろう。

しかし”fast track indexing(ファスト トラック インデックス)”みたいなものにまずインデックスされたあとのステップとして、通常のインデックスに登録されるURLの方が多くなることがときどきある。

そうしたことはたしかに発生する。

通常は、そのページに何か問題があるということではない。通常のインデックスにまだ登録できていないだけであって、次のプロセス(通常インデックス)に移行するまでに、時間が多少かかるというだけのことだ。

プライマリ インデックス と ファスト トラック インデックス

正式な用語ではなさそうですが、プライマリ インデックス (Primary Indexing) と ファスト トラック インデックス (Fast Track Indexing) という呼び方で、ミューラー氏は説明しました。

  • プライマリ インデックス ―― 通常のインデックス。正式にURLが登録され、検索結果に出続ける。インデックスまでに時間がかかることがある。
  • ファスト トラック インデックス ―― インデックス速度が速く、すぐに検索結果に出る。永続的なインデックスではない。

プライマリ インデックスとファスト トラック インデックスの間にタイムラグがなければ、検索結果から消える現象は起きません。
ところがタイムラグが発生すると、いったんインデックスされたはずのURLが一時的に消えてしまうことがありうるのです。

インデックスされたのにすぐ消滅した、こうした現象を体験したことがある人も多いでしょう。
通常は、悪い問題を抱えているわけではないとのことです。
Googleのインデックスシステムの仕様です。
知っておくと、無用な心配をする必要がなくなりますね。

P.S.
コンテンツの質が低いページは、インデックスされても消えることがあります。
これは、”低品質”という問題によってプライマリ インデックスからドロップしたのかもしれません。
改善が必要です。

このエントリーが役に立ったらシェアしてください

[Ads & Featured Contrents]

海外SEO情報ブログTOPGoogle SEO › Googleには2種類のインデックスがある――プライマリ インデックスとファスト トラック インデックス

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


▲ページの一番上に戻る