[レベル: 中級]

Googleはモバイル検索で、すべての結果にURLの代わりにパンくずリストを表示するように仕様を変更しました。
また、ドメイン名の代わりにサイト名を表示することがあります。

モバイル検索結果ではパンくずリストを表示

下のモバイル検索結果では、URLのところがすべてパンくずリストで表示されています。
すべてでパンくずリストが表示されるモバイル検索結果

とはいえ、もともとPCからの検索でもパンくずリスト表示だったのなら、モバイル検索特有の機能とはいえません。

比較してみましょう。
こちらのPCからの検索結果では、通常どおりにURLがそのまま表示されています。

URLが表示されるPCのウェブマスター検索結果

スマートフォンから検索するとこのようになります。
パンくずリストに入れ替わったモバイル検索結果

少々わかりづらいのですが、パンくずリストっぽく変化しています。
3つめのクックパッドは、「cookpad.com > search > 辛子明太子」ときれいなパンくずリストに置き換わっていますね。

ドメイン名の代わりにサイト名を表示

パンくずリストの先頭のラベルには普通はドメイン名が来ます。
しかし、実際に世の中で使われている本当の名前を表示するようにもなりました。
パンくずリストにサイト名が表示されるモバイル検索結果

上から順に、先頭のラベルが Mozilla、CNET、Google になっています。
www.mozilla.org や www.cnet.com、www.google.com ではありません。

ただしこれは今のところは米Google (google.com) だけに限られます。

日本語のサイトであっても米Googleであれば、一部のサイトは対象になっています。
パンくずリストにサイト名が表示されるモバイル検索結果""

楽天市場は「Rakuten」になっています(いちばん上)。
クックパッドは「COOKPAD」になっています(いちばん下)。

日本のGoogleでは、それぞれ search.rakuten.co.jp、cookpad.com のようにドメイン名でした。

メジャーサイトの優遇ですかね?

構造化データでシグナル送信

サイト管理者が望んだように、パンくずリスト構造とサイトの名前を表示させるためにGoogleにシグナルを送ることができます。
構造化データを利用します。

必要な構造化データがマークアップされていない場合は、Googleが完全に自動で生成します。

パンくずリスト

パンくずリストはおなじみなので設定しているサイトも多いことでしょう。
この記事ではあらためて記述方法を説明することはしません。

未設定であれば、公式ドキュメントを参照してください(英語だけです。日本語のヘルプ記事があったのですが現在は消滅しています。Web担の解説記事が丁寧なのでこちらを参照するのがよいでしょう)。

なお、パンくずリストには、schema.org をまだ利用できません間もなくサポートされるはず)。
現状では、Data-vocabulary.org かmicroformatsを利用します。

サイト名

サイト名の指定には、schema.org/WebSite を利用します。
JSON-LDを使えば簡単です。

<script type="application/ld+json">
{
"@context" : "http://schema.org",
"@type": "WebSite",
"url": "https://www.suzukikenichi.com",
"name": "海外SEO情報ブログ",
"alternateName": "SuzukiKenichi.COM"
}
</script>

urlプロパティは必須です。
サイトのURLを指定します。

nameプロパティも必須です。
サイト名を指定します。

alternateNameは任意です。
省略してもかまいません。
代わりとなる名前を指定します。
Googleの判断でこちらの名前が利用されるかもしれません。

注意事項などの詳細は公式ドキュメントに書かれています(こちらも英語のみ)。

ちなみにあなたが、サイトリンク検索ボックスをschema.orgで実装しているなら、同じ schema.org/WebSite なので nameプロパティを追加するだけです。
最低限の作業で設定完了できます。

ただしすでに言ったように、サイト名は現在は米Googleだけで表示されます。
将来のために今から準備しておくということになりますね。

Googleのモバイルフレンドリーの一環

モバイルユーザーにとってよりわかりやすく表示するという目的のもとに、パンくずリスト表示が採用されました。

本当にわかりやすいのか、見やすいのかという点では賛否が分かれそうです。
個人的には、見やすくなったものもあるし、勝手に生成したパンくずのラベルがおかしいと感じるものもあるし、URLを見たいという希望もあるし、判断が難しいですね。

ユーザーからのフィードバックを受けて、問題点があれば改善されていくでしょう。

このエントリーが役に立ったらシェアしてください

[Ads & Featured Articles]

海外SEO情報ブログTOPモバイルSEO › Google、パンくずリストとサイト名をURLの代わりにモバイル検索結果で表示。構造化データで指定可能

▲ページの一番上に戻る