[レベル: 中級]

オーナー確認が完了していないGoogle+ローカルページをGoogleは削除しました。
Googleは、多くのローカルビジネスに対してGoogle+ローカルページを自動で作成していました。

インドアビュー利用ユーザーへのG+ページ削除通知

Googleマップのインドアビューを利用しているローカルビジネスオーナーに次のような通知がGoogleから届いています

On July 28th, Google will begin shutting down those GMB–associated Google+ pages that have not been associated with user accounts and are also not verified. You may find that some of your Business View tours also sit on such pages, but note that after this removal of unverified Google+ pages, the Business View tours will still remain available on Google Maps and Google Search.

7月28日に、ユーザーアカウントに関連付けられておらずオーナー確認されていない、Googleマイビジネスに関連付けられたGoogle+ページをGoogleは廃止します。そうした(未確認の)ページにインドアビューが存在しているかもしれませんが、未確認のGoogle+ページの削除後もインドアビューはGoogleマップやGoogle検索で引き続き利用できます。

Googleマイビジネスでオーナー確認していないGoogle+ローカルページを削除するという案内です(通知文には続きがあります)。
英語の文面なので僕が訳しましたが、日本語でも届いているようです。

削除実行済み

オーナー確認していなかったGoogle+ローカルページはすでに削除されています。

下は「銀座 クリーニング店」の検索結果に表示されるローカルリスティングです。
「銀座 クリーニング店」の検索結果

3種類あることに気付くでしょうか?

  • Google+ ページ
  • Google のクチコミ
  • なし

Google+ページ

URLの下に「Google+ ページ」というリンクがあるリスティングは、オーナー確認したGoogle+ページを持つローカルビジネスです。
リンクをクリックすると、そのビジネスの確認済みのGoogle+ローカルページにアクセスできます。

Google のクチコミ

「Google のクチコミ」が表示されているリスティングは、Googleが自動でGoogle+ローカルページを作成したもののオーナー確認されず、それでもそのページにユーザーが口コミを投稿したときに表示されます。
Google+ページは削除され、もう存在しません。
しかし口コミだけは残っています。

なし

なにもないリスティングは、Googleが自動でGoogle+ローカルページを作成し、オーナー確認されず、かつ口コミが書き込まれなかったページです。
完全削除です。

オーナー確認していない状態で、インドアビューを利用していた場合は、GoogleマイビジネスからGoogle+ローカルページを新規に作成します。
こうすることで、新しく作ったGoogle+ページにインドアビューが移行されます(届いた通知に書いてあるはずです)

Googleが自動で作成したGoogle+ローカルページは必ずオーナー確認しておくという記事を以前に書きました。
ローカルビジネスにおいてGoogle+ページは非常に重要だったからです。

しかしGoogleは、Google+を純粋にソーシャルメディアのサービスとして位置づけ、他のサービスと切り離すように路線変更しまています(ハングアウトやGoogleフォトは、Google+から独立して単独のプロダクトになりましたね。つい最近はGoogle+はYouTubeとも切り離されました)。

ローカルビジネスにおいてGoogleマイビジネスの利用が大切であることに変わりはないのですが、その利用価値には変化(低下?)があるように感じます。

ローカルパック結果のUI変更

この記事には続きがあります。

書いている途中にローカルリスティングの表示形態が変わってしまいました。
同じクエリ(銀座 クリーニング店)で表示される結果です。

新しいスナックパック

新しいスタイルのローカルパック結果に変わっています(この手のスタイルは「ローカルリスティング」ではなく、「ローカルパック」あるいは「パック結果」 (Local Pack, Pack results)とローカルSEOの世界では呼ぶことが多い)。

昨日の朝から米国で目撃されていました。
グローバルでの展開のようです。
“タイル”っぽいユーザーインターフェイスで、モバイル検索のローカル結果に似ています。

新しいUIのパック結果では、レビューがあるかどうかはわかりますが、Google+ローカルページがあるかどうかはわかりません。
オーナー確認したGoogle+ローカルページを持つビジネスであったとしても、検索結果からは直接アクセスできないようです(方法があったら教えてください)

やっぱり、Google+ローカルページの優先度をGoogleは下げているように思えます。

突然の変更のおかげで、この記事のテーマがぼやけてしまいました。
伝えたいことは次の2つです。

  • オーナー確認していないGoogle+ローカルページが削除された
  • ローカルパック結果のUIが新しくなった

このエントリーが役に立ったらシェアしてください

[Ads & Featured Articles]

海外SEO情報ブログTOPGoogle SEO › Google、オーナー確認していないGoogle+ローカルページを削除 & パック結果のUIを変更

▲ページの一番上に戻る