GoogleのMatt Cutts(マット・カッツ)氏は、Googleがアルゴリズムを変更したことを自身のブログで発表しました。

コピーサイト・スクレイピングサイトではなく、オリジナルのコンテンツを持つサイトのページを検索結果で先に出すためのアルゴリズム変更です。

「スパムのレベルをもっとずっと低く追いやるのに助けになる複数の変更を僕たちは判断しているところで、その変更の1つには他のサイトのコンテンツをコピーするサイトやオリジナルコンテンツとしてのレベルの低いサイトが含まれている」ということを僕の記事で説明した。この変更は、毎週の品質立ち上げミーティングで先週(先々週)の木曜日に承認され、今週(先週)の初めに開始された。

これはとても的を絞った(変更の)開始だ。2%をわずかに超えるクエリが何らかの形で変化しているが、ユーザーが本当に変化に気付くのは検索結果の0.5%に満たないだろう。オリジナルサイトのコンテンツを寄せ集めたりコピーしたりしたサイトよりも、オリジナルのコンテンツを書いたサイトを検索者が(検索結果で)もっと見られるようになるはずだというのが実質的な効果だ。

※()内は僕の補足

オリジナルでなかったりとか質が低かったりするコンテンツスパムへの対策強化をGoogleの公式ブログでMatt Cutts氏は先週アナウンスしていました。
この公式アナウンスに付随するアルゴリズム更新を実行したことを今度は個人ブログでMatt Cutts氏は発信したのです。

ただしWebmasterWorldでは次のような指摘が出ています。

公式アナウンスのときには「コンテンツファーム」の排除にも触れていました。

しかし今回のアナウンスは「スクレイピングサイト」「コピーサイト」の排除を対象にしているようです。
RSSやAPIを利用するなどして他のサイトのコンテンツをそのままコピーしたサイトよりも、オリジナルのコンテンツを公開したサイトを検索結果で先に出すようにした変更と推測されます。

Googleはコンテンツファームがどういったものかを明確に定義していませんが、コンテンツファームは必ずしもコピーサイトだけとは限らないようです。
たとえばコンテンツファームの代表例とされるDemand Mediaは、コンテンツ自体はオリジナルです。
でも質が極端に低い(のに検索結果の上位に表示されている)ことが問題視されています。

もっとも「今の時点で」ということであって、複数のアルゴリズム変更が断続的に実行される可能性はおおいにあります。

このアルゴリズム変更の影響かどうかは定かではありませんが、大きな順位変動がGoogleで発生しているようで、WebmasterWorldでもディスカッションになっています。

こちらはアメリカでの話になりますが、日本でも通常よりも目立つ動きが起こっていると思われます。

WebmasterWorldのディスカッションを見ていると、変動の時には必ずあるように、かなり大きな影響を受けているサイト、ほとんど関係ないサイト、改善どころか改悪になっている結果への憤慨などさまざまです。

コピーサイトがオリジナルサイトよりも依然として上位に出ているケースもあり、Matt Cutts氏は調査してみるとコメントしています。

Matt Cuttsのツイート

SERP of good avd
※1位のページは、2位のstackoveflow.comのコピーページ。

先ほども触れたように、アルゴリズム変更は一連の流れとして進められていくことが予想されるし、結果やユーザーからのフィードバックを受けながら調整されていくでしょう。
Googleが定義する「コンテンツファーム」もゆくゆくは明らかになっていくことも期待したいところです。

当面は情勢を見守る必要がありそうです。

今回のアルゴリズム変更で気づいたことがあればコメントしてください。

このエントリーが役に立ったらシェアしてください

[Ads & Featured Articles]

海外SEO情報ブログTOPGoogle SEO › Googleアルゴリズム変更 〜 コピーサイトを排除

Comments

  1. By on

    昨年11月より定期的にGoogleの検索結果がおかしいです。
    Googleが制定しているガイドラインに違反していないにも関わらず、インデックスから消されました。
    GoogleのwebmasterCentralからサイトの再審査を送信し、2週間ほどで元の検索結果に戻りましたが、しばらくするとまた検索結果から削除されてしまいます。
    このような事が今月だけで2回も起こっています。
    インデックスから削除されたあとに「site:」で調べて見ると、きちんと表示されるのでサイト自体を削除されてはおりません。
    原因を調べているうちにこちらのサイトにたどり着きました。
    記事にあるようにGoogleのアルゴリズムの変更が、今回のような検索結果の変動に繋がっているのでしょうかね?

    *** Reply from Suzuki Kenichi ***
    ガイドラインに違反していない状況でインデックス削除はまずありえないと思います。

    GoogleのwebmasterCentralからサイトの再審査を送信し、

    これは何か修正をしてから再審査リクエストしたのではないですか?

    インデックスから削除されたあとに「site:」で調べて見ると、きちんと表示されるのでサイト自体を削除されてはおりません。

    「インデックス削除された」のに「site:」で出てくるのは、インデックス削除ではないのではないでしょうか?
    (再インデックスされた後にsite:検索したということ?)

    いずれにしても実際のサイトを見ないことには判断は困難です。

  2. By on

    コメントの疑問に回答頂きありがとうございます。
    インデックス削除という表現が話をややこしくしてしまったようです。
    申し訳ありません。

    サイトを削除されたのではなく、検索に引っかからなくなったという事です。
    特定のキーワードだけが引っかからないのではなく、今まで検索されていたキーワードのほぼ全てで引っかからなくなったのです。

    サイトの再審査では「何も違反していません。検索されるように戻していただけないのでしょうか」という内容の文面を送ると、もと通りに検索出来るようになります。

    *** Reply from Suzuki Kenichi ***
    「インデックス削除」ではなく検索順位が下がったということでしょうかね。
    site:ではインデックスページが表示されるのですよね?
    ほぼひっかからなくなったというのは、もともと何位だったのが何位くらいに下がるのでしょうか?
    30〜50位くらいなら揺れ動くケースが以前からたくさん報告されています。

    『Googleが検索トラフィックを抑制・平均化しているかも』
    ※記事下の関連エントリもご覧ください。

    推測ですが、順位が戻ってくるのは再審査リクエストによるものではない気がします。
    「何もしていません」というメッセージだけの再審査リクエストが受理されるとは思えないです。

  3. By on

    何度もご回答下さり感謝いたします。

    ご指摘通りsite:ではインデックスページが表示されますので、検索順位が下がったということかもしれません。(ただ100位くらいまで探しても見つかりませんが…)
    ちなみにキーワードは「太りたい」「高カロリー食品」で3~5位でした。

    >『Googleが検索トラフィックを抑制・平均化しているかも』
    こちらの記事も参考にさせて頂きました。
    また合わせて、

    >『突然、順位が下がったらどうする?』
    こちらの記事も読ませて頂きました。

    とても参考になりました。
    インデックスを削除されているわけではないので、しばらく様子をみたいと思います。
    何度もご回答頂き本当にありがとうございました。

    *** Reply from Suzuki Kenichi ***
    乱高下する現象の報告事例が日本でも海外であるので、それに該当するかもしれませんね。
    オーソリティサイトからのリンクで解消したという例もありますが、ケースによって異なるのでなんとも言えないですねぇ。

▲ページの一番上に戻る