[レベル: 上級]

Googleは、Search Consoleの検索アナリティクスにAMPページヘの検索トラフィックをフィルタするためのオプションを追加しました。
フィルタを利用すると、AMPページヘのアクセスだけを簡単に分析できます。

「検索での見え方」オプションでフィルタリング

Search Consoleに新たに追加された「検索での見え方」オプションを設定することで、AMPページへのトラフィックをフィルタできます。

検索の見え方オプションでAMPをフィルタリング

AMPでフィルタしたあとは、AMPページだけに絞り込んで、いつものようにクエリやランディングページごとに表示回数やクリック数、CTRなどを調べられます。

AMPのクエリ

AMPのランディングページ

なお、検索結果におけるAMPページの表示がないサイトでは「検索での見え方」オプションは利用できません(AMP化していなければデータが出るはずもなく、あっても意味がないですね)。

AMPページのトラフィックが検索アナリティクスでレポートされるようになっていることを2日前の記事でお伝えしました。
今日の記事で紹介した新機能の前触れだったようですね。

ページでフィルタするのではなくAMPトラフィックでダイレクトにフィルタできるので、使い勝手ががぜん良くなりました。
AMP対応しているサイトでは重宝しそうです。

H/T: Google Webmasters

このエントリーが役に立ったらシェアしてください

[Ads & Featured Contrents]

海外SEO情報ブログTOPGoogle Search Console › Google、AMPアクセスを簡単にフィルタできるオプションを検索アナリティクスに追加

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


▲ページの一番上に戻る