[レベル: 中級]

強調スニペットは一般的に、何かを解説するページから引用される傾向にあります。
検索結果だけで、ユーザーが求めている答えが手に入るようにするためです。

したがって、強調スニペットに引用されるページの大多数は情報提供コンテンツを掲載しています。
「ものを売る」ページではありません。

しかしときとして EC サイトのページが強調スニペットに採用されることがあります。

強調スニペットが出現する検索結果が増加傾向にあるなか、ECサイトからの強調スニペットも増えているようです。

Amazon から引用された強調スニペット

インドのサイト運営者が、Amazon が強調スニペットに引用されているのを初めて見たとツイートしていました。

実際に出ていることを僕も確認できました。

Google インドでの Amazon からの強調スニペット

米Google (google.com) では、Amazon からでこそありませんが、ECサイトのコンテンツが同じように強調スニペットに使われています。

米 Google での EC サイトからの強調スニペット

EC サイトの強調スニペットは米 Google では一般的

Amazon や Best Buy といった大手 EC サイトのページが引用された強調スニペットは、米 Google では今や決して珍しくありません。

米 Google での Amazon からの強調スニペット

米 Google での Best Buy からの強調スニペット

さて日本では、EC サイトからの強調スニペットは出現しているのでしょうか?

出現しているという話は聞いたことがあるのですが、僕自身は見つけることができていません。
もし、EC サイトから引用された強調スニペットの例を知っていたら教えてください。

【UPDATE】
日本の Amazon から引用されている強調スニペットがありました。

Amazon Japanからの強調スニペット

DJ SPANDEX‏ さん、情報提供ありがとうございます!

いずれにしても、EC サイトの強調スニペットはサイト運営者にとっては大きな利益になりそうです。
強調スニペットは、検索結果で高い CTR を達成できるからです。
検索流入が増えることは、EC サイトの場合売上にも大きく貢献するのではないでしょうか。

EC サイト運営者は、以前に紹介した攻略法で強調スニペット獲得に挑戦してみるといいかもしれません
とはいえ、もちろん、ユーザーにとって役に立つ情報をそのページで提供することが大前提であることを忘れないでください。;)

このエントリーが役に立ったらシェアしてください

[Ads & Featured Articles]

海外SEO情報ブログTOPGoogle SEO › EC サイトでも強調スニペット!売上アップに役立つか?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


▲ページの一番上に戻る