Titleタグは、内的SEOにおいてもっとも重要な要素の1つです。

GoogleのTitleタグの文字数制限は通常、半角で65文字前後、全角だとその半分で32文字前後になります。
文字数制限を越えた部分のTitleタグの残りは、「…」で省略されます。

省略されたタイトル

SEOを意識するサイト管理者であれば、狙ったキーワードを含みつつ、いかに簡潔でキャッチーなタイトルを付けるかに、常に腐心していることでしょう。

しかし、時にはすべての要求を満たすことができず、制限文字数内に収め切れないことがあるかと思います。

省略されてしまったTitleタグは、Googleに見てもらえているのでしょうか?
それとも、ページを評価する要素としても除外されてしまっているのしょうか?

WebmasterWorldでのスレッドによれば、たとえ省略されたとしても、GoogleはTitleタグのすべてを認識して評価対象に含めてくれるようです。

長いタイトルでも良好な結果を出しているページを経験しているメンバーもいるし、フォーラムアドミニストレータのtedster氏は、後ろの方にキーワードのある長いTitleタグが好成績だったと、かつて述べたことがあります。

Titleタグに関しては、ランキングを意識するよりもユーザーのクリックの誘導を意識したほうがいいと主張するメンバーもいます(これは、もちろん誇大な表現で無理やりユーザーを誘うということではありません)。

つい最近、Googleは一定の条件の下ではSERPのスニペットの文字数を拡張しました。

こちらも上手に活かして、検索者により訴求力のあるタイトルと説明文を作成することが、アクセスアップ成功のコツになりそうです。

訴求力の高いTitleタグとMeta Descriptionの書き方は、過去のエントリを参考にしてください。

このエントリーが役に立ったらシェアしてください

[Ads & Featured Articles]

次のエントリも読むとSEOにさらに強くなります。

海外SEO情報ブログTOPGoogle SEO › Googleは、長いTitleタグをすべて見てくれるのか?

Comments

  1. By 逆SEO on

    titleの話、おもしろいですね。
    わたしもGoogleのtitleについては同感です。長いtitleでもキーワードをちゃんと見てくれているようです。前方に配置されているか、後方にあるかもそれほど関係ないようです。でもtitleにキーワードが入っているか、入っていないかは順位にとって決定的に違いますよね。
    Yahoo!については、Googleとは異なっていて、前方、しかも最前の位置に高い配点があるのはわかっていますが、後方のどの位置まで配点があるのか、どのぐらいの配点にしているのかは、そのときどきのアップデートによって変化しているように思えます。だからYahoo!で複数のキーワードを狙うときは、titleにキーワードを並べる順番にとても気をつかいます。1つか2つのキーワードなら問題ないのですが、4つ、5つもキーワードを狙うとなると、すべてのキーワードがtitleの中におさまりきれずに、後方に配置するキーワードは順位が悪くなってしまうのです。「このキーワードはあきらめるしかないな」ということになりかねないです。Yahoo!はとてもtitleに気をつかいます。

    *** Reply from Suzuki Kenichi ***
    Yahoo!の情報はなかなか手に入らないので、貴重です。
    ありがとうございました。

    ちなみに、貴ホームページはindex.htmlありとなしの正規化をしていませんね。
    Googleには別ページとして認識されていますが、あえて無視しているのでしょうか?

▲ページの一番上に戻る