[レベル: 上級]

AMPに対応したコンテンツを公開する際には、もとになる通常のウェブページがあって、それに対応するAMPページを作ることが一般的なパターンになります。
つまり、通常のウェブページとAMPページの“ペア”ができあがります。

ですが、このペアはAMPの必須要件ではありません。
AMPページを単独で公開することが可能です。

AMPページを単独で公開することが可能

先週投稿した『AMP導入前に知っておくといい話』で、AMPページに対応する通常のウェブページが必要だと書きました。
しかし、これは正しくありません。

繰り返しになりますが、「AMPページを単独で公開することが可能」です。
確認もしてあります。

ジョン・ミューラー氏がそのように説明していたにもかかわらず、見過ごしてしまいました。

You can, of course, also make AMP-only pages too.

僕のミスで、間違って解釈させてしまった方がいたようなので、お詫びして訂正します。

AMPページだけを提供するというのはなかなか大胆な気もしますが、そういうこともでき、まったく問題ないということで認識してください。

単独AMPページは自分自身へrel=”canonical”

AMPページを単独で公開する場合は、自分自身を指定した rel="canonical" をそのAMPページに記述する必要があります。

たとえば、https://www.example.com/amppage.html がURLのAMPページを単独で公開し、対応するウェブページを持っていなかったとします。
このAMPページには、自己参照した次の rel="canonical" を記述します。

<link rel="canonical" href="https://www.example.com/amppage.html">

別URL構成の場合はPC向けページから rel=amphtml

AMPの設定で今後出てきそうな疑問についでに触れておきます(こちらは訂正ではありません!)。

AMPに対応したページが存在することを伝えるために、通常のウェブページに link rel="amphtml" 要素を設置してAMPページのURLを指定します。
rel="amphtml"で指定されたURLを見て、GooglebotはAMPページをクロールします。
これは『AMP導入前に知っておくといい話』で説明したとおりです。

PC向けページとモバイル向けページを別々のURLで配信しているモバイル構成では、rel=amphtml はPC向けページとモバイル向けページのどちらに設置したらいいのでしょうか?

PC向けページに rel="amphtml" を設置します。

rel="canonical" によってモバイル向けページはPC向けページに正規化されます。
したがって代表となるPC向けページに rel="amphtml" があればいいということになります。

モバイル向けページにも設置して悪いことはないでしょうが、モバイル向けページだけにしか設置していなかったらAMPページをひょっとしたら見つけてもらえないかもしれません。

1つ前のAMPページだけを公開する話に戻ると、この場合は、rel="amphtml" を設置するページが存在しません。
AMPページを見つけてもらうための何らかの手段をGoogleに提供しないといけません。

インデックスされているページからリンクを張るという手もありますが、サイトマップを送信するのがスマートでしょう。
サイトマップ送信ならインデックス状況も把握できますね。

このエントリーが役に立ったらシェアしてください

[Ads & Featured Contrents]

海外SEO情報ブログTOPモバイルSEO › AMP対応したページだけをGoogleに公開しても問題なし、別URL構成のモバイルサイトではPC向けページにrel=amphtmlを設置

Comments

  1. By ken on

    ブログを毎日、拝読しています。
    サイトをSSL対応にする際には、大変お世話になりました。
    いつも有用な情報をありがとうございます。

    早速ですが、すでに公開しているページをAMPページにしてしまうというのはありでしょうか。

    現在、PCスマホ兼用の通常サイトと、ほぼ同じ内容の旧携帯電話用の修飾のない本当に文字だけのサイト(サブドメイン)があります。その旧携帯電話用はアクセスもほとんどないので、それをAMPページへしてしまうのもいいかなと考えたりしているのですが、この考え方は鈴木さんならどう思われますか。

    突然のおかしな?質問ご容赦ください。お答えいただければ幸いです。

    *** Reply from Suzuki Kenichi ***
    Kenさん

    既存のページをAMP化してもまったく問題ありません。
    僕のブログも過去のページも、ほぼAMP化しています。
    ただし、今のところGoogle検索に表示されるAMPコンテンツはニュース系の新しい記事です。
    昔の記事はAMP化しても検索結果に出てくるチャンスはほとんどなさそうです。

    以前のサイトを使うのはありですが、携帯サイトとしてインデックスされていたことを考えると、僕なら新たなURLで公開しますかね(同じURLでも悪いことは起きないと思いますが念のため)。

    以上、ご参考になれ幸いです。

  2. By ken on

    大変参考になりました。
    新しいURLで公開していく方向で考えたいと思います。
    また、何かあればフィードバックしたいと思います。
    ありがとうございます。

    *** Reply from Suzuki Kenichi ***
    また何かあれば、お気軽にどうぞ。:)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


▲ページの一番上に戻る