[対象: 初級]

HTMLやJavaScriptのコードのなかに書き込まれているコメントをGoogleは完全に無視し、サイトの評価にはまったく反映しません。

Googleの評価にコメントは影響しない

GoogleのJohn Mueller(ジョン・ミューラー)氏は、コメントが与える影響について英語版のGoogleウェブマスター向け公式ヘルプフォーラムで次のように説明しました。

(はっきり言ってしまえばかなり小さいが)ページのサイズは別として、JavaScriptやHTMLのなかのコメントはGoogleのサイトの見方にまったく影響しない。Googleは完全に無視する。必要に応じて自由にコメントを入れて構わない。

これ以上の説明は不要でしょう。

コメントはあくまでもコードを書くまたは見る人のための補助情報です。
他の検索エンジンはわかりませんが、少なくともGoogleが、ランキング要因としてコメントを使うことはありません。
(スパムやハッキングを発見する手がかりとして目視でコメントを調べることはあるかもしれませんね)

ページの表示速度には影響するかも

ミューラー氏は続けて次のように付け加えます。

しかし、ブラウザでの読み込み時間という点では違いが出てくるかもしれない。ただ繰り返すが、実際にはコメントとして書き込んでいるコンテンツの量による。

したがって、コメントがあるときとないときとで目に見える違いが自分のサイトにあるかどうかを確かめるために、PageSpeed InsightsWebPagetestのようなツールを使ってスピードを調べてみるとい。

ときには読み込み時間が劇的に減少することがある。またときには、そこに辿り着くまでに余分な作業をしなければならなくなることと、表示が速くなったことをユーザーが実感できるまでに改善することの両立が難しいこともある。

だが自分の特定の状況においてどうなるかを調べて、自分自身で判断しなければならない。

数行のコメントであればページの読み込み時間を遅くすることはありません。

しかしながら、かなり大量のコメントがあれば、特に3G回線で繋いでいるようなモバイルからのアクセスにはひょっとしたら影響が出てくるかもしれません。

コメントによってページ速度に影響が出ているかどうかは、ミューラー氏が言うように自分で調べるしかありませんね。

もっとも真剣に高速化を目指すのなら、コメントの削除に時間をかけるよりも、(まだ実装していないのであれば)圧縮やJavaScript/CSSファイルの統合、ブラウザキャッシュの有効化画像表示の最適化などに取り組んだほうが成果が出るでしょう。

コメントを自動で取り除くCMSのプラグインもあるので、こういったものを使うほうが楽です。

まとめると、この記事で伝えたいポイントは以下の2点です。

  • HTML/JavaScript内のコメントはGoogleの評価に影響しない
  • コメントの量によってはページの表示時間に影響することがあるかもしれない

このエントリーが役に立ったらシェアしてください

[Ads & Featured Contrents]

海外SEO情報ブログTOPGoogle SEO › HTML/JavaScript内のコメントをGoogleは完全に無視する

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


▲ページの一番上に戻る