Bing検索

米国議会の常任委員会がGoogleとBing、Yahooにウェブスパムの調査と対策を依頼

アメリカの上院議院の常任委員会の1つ、「上院通商・科学・交通委員会」がGoogleとBing、Yahoo!の大手検索エンジン企業に対して検索結果を不当に操作しているサイトの調査と対策を依頼する書簡を送っていたことが明らかになった。指摘対象となったサイトは不正なリンクによりサイトを上位表示させ消費者に不利益を与えていた。

PHPのページにX-Robots-Tagでnoindexを設定し検索結果に出ないようにする方法

PHPでHTTPヘッダーに noindex と nofollow を X-Robots-Tag 出力させる設定方法を説明する。使う場面はかなり限られているだろうが自分へのメモ用として記事にした。

不自然なバックリンクを無効化できる「Disavow Links」機能をBingウェブマスターツールが実装

Bingウェブマスターツールに、評価の対象から除外してほしいバックリンクを無効化するための「Disavow Links」という機能が追加された。Disavow Links」を使うとスパムサイトから張られたリンクや自分では身に覚えのない不自然なリンクなど自分のサイトと関係性を断ち切ってほしいリンクを申請できる。

BingとTwitter、提携の更新に合意。Googleは完全にはじきだされたか?

Twitterは、Bingとの提携を更新したことを明らかにした。これによりBingはリアルタイム検索にTwitterの生のデータを直接取り込むことが今までどおり可能になる。Googleは、Twitterとの提携を更新しなかったことをすでに発表しており、Google+を使ってリアルタイム検索を復活させる予定。

米Yahoo! Site Explorer終了のお知らせ 〜 競合サイトのバックリンク調査が不可能に

米Yahoo!はSite Explorerを今年後半にサービス終了することを公式ブログでアナウンスした。米Microsoftが運営するBingの検索システムへの移行完了に伴う処置。日Yahoo!のサイトエクスプローラーはすでにサービス終了している。今後は競合サイトのバックリンク調査が難しくなるだろう。

発覚!BingがGoogleの検索結果をコピーしていた

Bingの検索結果がGoogleの検索結果に非常に似ていることにGoogleは気付いていた。その傾向はますます強まり、Googleが“トラップ”をしかけたところ見事にBingはハマってしまった。観念したBingは事実であることを認めた。しかしコピーしているわけではなく、ユーザーデータを利用しているに過ぎないと主張している。

Bing日本、リアルタイム検索専用ページを公開

Bing日本が、リアルタイム検索専用サービス「Bingソーシャル」のベータ版を公開した。リアルタイムに更新するTwitterのツイートやツイートで言及の多いURLを検索結果として表示する。

Bingウェブマスターツールにバックリンクレポートが登場

Bingは、Bing Webmaster Toolsにバックリンクレポートの機能を実装した。ただし入手できるのは管理サイトのみ。Bingのシェアが低い日本では、残念ながら有用であるとは思えない。

判明!、Twitterからのリンクはランキングに影響していた

Twitterのツイートのリンクはnofollow属性が付けられるためランキングには影響しないと考えられるが、実際には影響していると思える事例がいくつもある。GoogleとBingが、Twitterのリンクを通常のウェブ検索のランキング要因として使っていることをついに認めた。ただし、ツイートしたユーザーのオーソリティを見ている。

Bingの新しいクローラ、bingbotがお目見え

Bingは予告どおりに新しいクローラを動かし始めた。新しいクローラのユーザーエージェント名は「bingbot」。しばらくは旧クローラの「msnbot」と平行で稼働させるとのこと。