Google Search Console

検索とコピーの機能がSearch Consoleのコード検証ツールに付く

Search Console でコードを検証するツールに 2 つの機能が追加された――検索・コピー。これらの 2 つの操作をアイコンを使って簡単に実行できる。

Search Console(旧バージョン)の「使用するドメイン」設定が廃止。今後はGoogleが判断、もしくは他の正規化手段を利用する

Search Console で構成できた「使用するドメイン」の設定を Google は廃止した。すでに利用できなくなっている。

URL検査ツールは画像には機能しない、noindexページをレンダリングできない

Search Console の URL 検査ツールはウェブページが対象。画像には機能しない。またウェブページであっても noindex robots meta タグが設定されているページではライブテストのレンダリングを検証できない。

FAQとHow-toのリッチリザルトをGoogleが正式公開 #IO19

新しいタイプのリッチリザルトとして FAQ と How-to を Google は公開した。この記事では、FAQ および How-To のリッチリザルトの概要と実装に際しての注意点を解説する。

スピードレポートが Search Console に新たに追加、ベータテスター募集中 #IO19

Search Console にスピードレポートが提供される予定だ。スピードレポートを利用すると、サイト内のページの表示速度の状況を包括的に知ることができる。スピードレポートは現在ベータ版で、Google I/O 2019 でその概要が紹介された。

Search Consoleに構造化データ関連の3つのレポートが追加――ロゴとサイトリンク検索ボックスおよび解析できない構造化データのレポート

Google は、構造化データ関連のレポートを 3 つ Search Console に新たに追加した。うち 2 つはリッチリザルトレポートがサポートするタイプの追加、残り 1 つは完全に新しいレポートだ。

Google DiscoverのパフォーマンスレポートがSearch Consoleで利用可能に

Discover の検索パフォーマンスレポートが Search Console で利用できるようになった。Discover に表示されたページの URL やその表示回数、クリック数などのデータを入手できる。

より多くのページからデータ収集するようにSearch Consoleの拡張レポートに仕様変更あり

Search Consoleが、これまでよりも多くのページからデータを収集するようになった。そのため、多くの拡張機能でレポートされる数値に上昇が見られるかもしれない。

Google、多くの機能を旧Search Consoleで提供終了。Fetch as Googleももはや使えず

旧バージョンの Search Console で多くの機能・レポートの提供を Google は終了した。今年 1 月に告知していたとおりの実施だ。

新Search Consoleのサイトマップレポート改良――サイトマップを開く、サイトマップの削除、エラーの詳細説明、RSSとAtomのサポート

新バージョン Search Console のサイトマップレポートで利用できる機能を Google は改良した――サイトマップを開く、サイトマップの削除、エラーの詳細な説明、RSS と Atom のサポート