[レベル: 中〜上級]

Google検索からAMPページにアクセスすると、そのページ本来のURLではなくGoogleがキャッシュしたURLが表示されます。
この仕様のため、正規URLへのアクセスや、正規URLの共有・コピーが困難でした。

そこで、AMPページをキャッシュで閲覧しているときでも正規URLを利用しやすくするため機能の提供をGoogleは始めました。

以前から約束していたことです。

アンカーボタンで正規URLを表示、コピー、シェア

Google検索からAMPページにアクセスすると、URLはGoogleドメインになります(アクセス元のドメイン名が引き継がれる。表示しているページはどの場合もAMP CDNのキャッシュから)。

ヘッダーには、本来のサイトのドメイン名が表示されます。

このヘッダーの右端に「アンカーボタン (Anchor Button)」と呼ぶアイコンが加わりました。
アンカーボタンをタップすると、正規のURLが表示されます。
正規のURLとはAMPバージョンではなく、canonicalで指定したオリジナルのURLのことです。

AMPビューアのアンカーボタン

表示されているURLを長押しすると、ブラウザに内蔵されている、URLのコピーやSNSへの共有などの機能を利用できます。

iOS版のGoogleアプリではすでに実装されています(Safariでも有効になっているかも)。
Android版には数週間後に実装されるとのことです。

ブラウザのアドレスバーに表示されているURLは依然としてGoogleドメイン名のキャッシュです。
それでも、本来のURLを利用しやすくなったのは良いことです。
キャッシュのURLよりも、そのサイトの本当のURLを見てもらったほうが安心してもらえるだろうし、ブランド認知にも役立つでしょう。

気になることは、アンカーボタンの存在にユーザーが気付くかどうかと、気付いたとしてその後に長押しというアクションに続くかどうかでしょうか。

このエントリーが役に立ったらシェアしてください

[Ads & Featured Articles]

海外SEO情報ブログTOPモバイルSEO › AMPページを正規URLでコピー、シェアできるアンカーボタンをGoogle検索で利用可能に

Comments

  1. By goji on

    こんにちは。Googleアナリティクス上の計測でリファラには影響ないと思いますが、pv の計測はAMPのURLでカウントされてしまうのでしょうか?

    *** Reply from Suzuki Kenichi ***
    意味していることがいまいち理解できないのですが、AMPキャッシュであってもオリジナルのURLでレポートされるように amp-analytics は設計されています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


▲ページの一番上に戻る