[レベル: 中級]

AMP (Accelerated Mobile Pages) に対応したモバイル検索をGoogleは全世界で開始したようです。
この記事を公開している時点では、Googleから正式なアナウンスは出ていません。
リーク情報では2月24日の公開予定でしたが、1日早い公開になりました(時差の関係で日本ではすでに24日ですが)。

※公式アナウンスが出ています。記事の最後に追記。

AMPページ vs. Non-AMPページ

AMP対応検索はまだ展開中らしく、環境によって見ることができたりできなかったりします。

ほぼ同じタイミングで検索した、AMPページが表示されている結果とされていない結果を比べてみます。

こちらは、「日航」のモバイル検索結果です。
左が今までの通常の検索結果です。
右がAMPページが表示される検索結果です。

「日航」でのAMP

トップニュース枠の中にカルーセル形式でAMPコンテンツだけが掲載されています。
掲載されているニュース記事も左と右では異なっています。

こちらは「大谷」の検索結果です。
同じく左がAMP非対応、右がAMP対応の検索結果です。

「大谷」でのAMP

よく見ると、AMP非対応のニュース記事(Yahoo!ニュースの記事)とAMP対応のニュースが記事がトップニュース枠に混在しているのがわかります。

こちらも、AMP非対応の記事とAMP対応の記事が混在するトップニュース枠です
ところがAMPマークは付いているものの画像は表示されていません。

画像がないAMP結果

AMPのデモ検索では見たことがないパターンです。

実際のAMP結果の条件は厳しい?

Googleが先立って公開していたAMPデモの検索では、たくさんのクエリでAMP結果が出てきました。
特に、少しでも話題になっているような事柄に関するクエリであれば、ほぼ確実に表示されていました。

しかし本番環境では、デモ版よりもかなりAMP結果を見つけづらくなっています。
デモ版ではAMPコンテンツとして出現していても、本番環境では出現していないページが多くあります。
AMP対応しているはずのニュース発行者の記事であっても、通常のウェブページとして掲載されている記事もたくさんあります。

デモ版では僕のブログ記事もAMPコンテンツとして出ていましたが本番環境では見つけられていません。

AMPコンテンツとして検索結果に表示されるための条件は、デモ版よりも厳しくなっているのでしょうか?
それとも展開中・導入直後のため、まだAMPのサポートを完全には終えていないからでしょうか?

Googleからのコメントが出ていないので不明です。
また時間とともに状況がかわっていくことも予想されます。

【UPDATE】
公式な一般公開なのかどうかについて、GoogleのJohn Mueller(ジョン・ミューラー)氏からコメントをもらえました。

If there’s no official announcement, then I’d assume it’s not officially rolled out yet :). Sometimes we do incremental roll-outs, ramping things up slowly to make sure that things work as expected.

公式なアナウンスがないとしたら、まだ公式な実施ではないと私なら考えるね。:) 確実にものごとが期待どおりにいくようにゆっくりと進めながら、時には徐々に展開していくこともある。

【UPDATE 2】
Google公式ブログ(ウェブマスター向けではなくコーポレートサイト)で公式アナウンスが出ました。
[Official Google Blog: AMPing up in mobile Search]

【UPDATE 3】
日本版の公式ブログでもアナウンスが出ました。
[Google Japan Blog: モバイルウェブをもっと速く]

AMPを、一般ユーザーがどのように受け止めるか、そしてGoogleがどのように調整していくかを見極めていきましょう。

このエントリーが役に立ったらシェアしてください

[Ads & Featured Contrents]

海外SEO情報ブログTOPモバイルSEO › 噂より1日早く、AMP対応のモバイル検索をGoogleが一般公開

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


▲ページの一番上に戻る