Yahoo!の2008年の検索数の多かったキーワードの発表を、先日お伝えしました。

Googleも、2008 Year-End Google Zeitgeistとして年間キーワード大賞を発表しました。

グローバルのTOP10は、次のようになっています。

  1. sarah palin
  2. beijing 2008
  3. facebook login
  4. tuenti
  5. heath ledger
  6. obama
  7. nasza klasa
  8. wer kennt wen
  9. euro 2008
  10. jonas brothers

Zeitgeistは、検索ボリュームだけではなく、トレンドを反映した検索数の伸びも基準に入れているようです。

Google TrendsでTOP3の今年の推移を見てみました。

Googleトレンドで、sarah palin,beijing 2008,facebook loginを比較

急上昇キーワードという点では、マケイン氏の副大統領候補だったサラ・ペイリンさんよりも、北京オリンピックのほうが突出していますね。

対象地域をアメリカに絞ると、sarah palinが伸び具合・継続期間ともに目立って、納得のいくグラフになります。

Googleトレンドで、sarah palin,beijing 2008,facebook loginをアメリカ限定で比較

Googleトレンドは文字通りすべての国・地域ですが、Zeitgeistは33ヶ国のデータ(日本は入っていない!)なのでアメリカの影響力が強いのかもしれません。

3位の「facebook login」は、急上昇というよりじわりじわりと確実に伸びてきているキーワードです。
(ログインページをお気に入りに保存せずに、Googleを使って探しているんでしょうね)

MySpaceと並んでアメリカ最大のSNSであるFacebookは、日本語版も今年5月に公開されました。
※MySpaceも日本語版あり

日本にもこの波が押し寄せるでしょうか?

日本の年間Google Zeitgeistも公表してほしいですよね。

このエントリーが役に立ったらシェアしてください

[Ads & Featured Articles]

海外SEO情報ブログTOPGoogle SEO › 2008 Google Zeitgeist 発表、1位は「サラ・ペイリン」

▲ページの一番上に戻る