HTTPSを評価するアルゴリズムはページ単位

[対象: 中級]

HTTPS (SSL/TLS) を、評価を上げるランキング要因として組み込んだことをGoogleは先日発表しました。

このアルゴリズムはページ単位で適用されます。
サイト単位ではありません。

問い合わせフォームだけHTTPSだとどうなる?

『HTTPSを評価するアルゴリズムはページ単位』の続きを読む

Google、ブログ検索を終了か? “tbm=blg”パラメータで引き続き利用可能 => ニュース検索のフィルタへ移動

[対象: 中級]

Googleは、Googleブログ検索の提供を終了したようです。
しかし専用のパラメータを付けて検索することで、ブログだけを対象にした検索を引き続き利用可能です。

Googleブログ検索ページは利用不可

www.google.co.jp/blogsearch や www.google.com/blogsearch にアクセスすると404エラーページが返ってきます。

『Google、ブログ検索を終了か? “tbm=blg”パラメータで引き続き利用可能 => ニュース検索のフィルタへ移動』の続きを読む

間違ったリダイレクトに対しGoogleウェブマスターツールが警告を送信

[対象: 全員]

間違ったリダイレクトの構成をとっているサイトに対してウェブマスターツール経由で警告メッセージが送られてくるようになりました。

スマホユーザーをトップページにリダイレクトするサイトへの中止要請

具体的には、次のようなメッセージが届きます。

『間違ったリダイレクトに対しGoogleウェブマスターツールが警告を送信』の続きを読む

著者の統計情報がGoogleウェブマスターツールからひっそり消滅

[対象: 上級]

Googleは、著者の統計情報をウェブマスターツールからひっそりと削除しました。

メニューから消滅

以前は左メニューの、試験的な機能を提供する「Labs」のなかに「著者の統計情報」がありました。
メニューのなかの著者の統計情報

『著者の統計情報がGoogleウェブマスターツールからひっそり消滅』の続きを読む

Google+の投稿だけで検索結果をフィルタする方法

[対象: 全員]

Google検索の「検索ツール」を利用するとプライベート検索結果、言い換えるとGoogle+の投稿だけで検索結果をフィルタできます。

検索ツールでフィルタ

方法は簡単で、「検索ツール」を開いて「プライベート」を選択するだけです。
すると、Google+の投稿だけで絞り込めます。

『Google+の投稿だけで検索結果をフィルタする方法』の続きを読む

HTTPからHTTPSへの移行で出てきた質問に回答

[対象: 中〜上級]

Googleは、HTTPSをランキングシグナルとして取り入れました。

HTTPからHTTPSへ移行する際のサイト管理者たちからの質問にGoogleのJohn Mueller(ジョン・ミューラー)氏がGoogle+で回答しています。

『HTTPからHTTPSへの移行で出てきた質問に回答』の続きを読む

Google、SSL/HTTPSをランキングアルゴリズムに採用することを決定

[対象: 全員]

Googleは、HTTPS (SSL/TLS) を検索順位を決めるアルゴリズムとして利用することをアナウンスしました。

錠

『Google、SSL/HTTPSをランキングアルゴリズムに採用することを決定』の続きを読む

企業・店舗の電話番号と営業時間のGoogleワンボックスが日本でも表示される

[対象: 上級]

企業や店舗の問い合わせ電話番号や営業時間を表示するワンボックス/アンサーボックスが、日本のGoogle (google.co.jp) でも表示されるようになっていることを確認しました。

電話番号や営業時間のワンボックスは今年4月に導入されましたが、その時点では日本のGoogleでは表示されていませんでした。

問い合わせ電話番号のワンボックス

『企業・店舗の電話番号と営業時間のGoogleワンボックスが日本でも表示される』の続きを読む

Googleマイビジネスでのローカルページのオーナー確認をウェブマスターツールで即時確認

[対象: 中級]

Googleマップ

Google+ローカルページをGoogleマイビジネスに追加する際のオーナー確認に、ウェブマスターツールを利用できるようになりました。
この手段を使うと、即時に確認が完了します。

もっとも簡単な、第3の手段

『Googleマイビジネスでのローカルページのオーナー確認をウェブマスターツールで即時確認』の続きを読む

Googleナレッジグラフ、歴史上の出来事をタイムライン形式で表示

[対象: 上級]

Googleは、歴史をタイムライン形式で表示するナレッジグラフを検索結果でテストしているようです。

Googleや世界大戦の歴史をタイムラインで表現

下はFlorian Kiersch氏がGoogle+に投稿したタイムラインの実際の様子です。

『Googleナレッジグラフ、歴史上の出来事をタイムライン形式で表示』の続きを読む