Yahoo!のインデックスアップデートが、米Yahoo! Search Blog・日Yahoo!検索 スタッフブログでともに公式発表されました。

SEO塾さんによればYSTのアップデートは4回連続して「5週間」ペースの更新になっている、とのことです。

日米ともに、サラリとしたコメントです。

米Yahoo!が「additional changes(追加の変更)」となっているのに対し、日Yahoo!は「フルアップデート」となっています。

違いがあるのかないのか、ヤフーのことなので分かりません。:-s

ただ、アメリカのSEO系サイトでは、今のところほとんど騒がれてません。
Yahoo!が、あまり相手にされていないというせいもあると思いますが。

アップデートよりも、Weather Reportと同じ記事で発表されたX-Robots-Tag(X-Robotsタグ、エックス・ロボット・タグ)の方がニュースになっています。

X-Robots-Tagとは、HTML以外のファイル、たとえばPDFやWORD、EXCELなどファイルのインデックス、キャッシュ表示、スニペット表示、リンク追跡を制御する仕組みです。

4種類あります。

  • X-Robots-Tag: NOINDEX ⇒ 検索結果にURLを表示させない(クローリングはする)
  • X-Robots-Tag: NOARCHIVE ⇒ 検索結果にキャッシュを表示しない(検索結果には出る)
  • X-Robots-Tag: NOSNIPPET ⇒ 検索結果にスニペットを表示しない(タイトルやURLは出る)
  • X-Robots-Tag: NOFOLLOW ⇒ ドキュメント中にあるリンク先にアクセスしない

HTMLドキュメントの場合は、METAタグでこういったことをコントロールできますが、PDFなどはMETAタグというものを持ちません。

そこでウェブサーバーとの通信の中で使われる「HTTPヘッダー」という情報で、指示することができます。

方法はいくつかあるようで、Apache系のウェブサーバーなら、.htaccessファイルで設定できます。

seoreport.pdfというファイルを検索結果に出さず、かつキャッシュさせたくないときは、このように記述します。

<Files "seoreport.pdf">
Header set X-Robots-Tag "noindex, noarchive"
</Files>

↑、実際にやってないので実行するときは、詳しく調べてください。

Googleは、すでにX-Robots-Tagをサポートしています。

無料レポートを配信スタンドから配布していたり、商材を販売したりしていて、ウェブページからダウンロードさせるときは、このX-Robots-Tagを使うといいかもしれませんね。

たまに、無料レポートでも有料の商材でも、検索結果にダイレクトに表示されるときがあります。
作成者にしてみたら、たまったものじゃありません。
経験者談。:[

このエントリーが役に立ったらシェアしてください

[Ads & Featured Articles]

次のエントリも読むとSEOにさらに強くなります。

海外SEO情報ブログTOPYahoo検索 › Yahoo!(ヤフー)インデックス更新+X-Robots-Tagサポート-2007年12月

▲ページの一番上に戻る