[レベル: 上級]

Android版の Chrome CanaryChrome Dev でWebAPKの機能を利用できるようになりました。

WebAPKを利用すると、PWA (Progressive Web App: プログレッシブ ウェブ アプリ)を実装したサイトをアプリのように扱うことができます。

WebAPKの設定手順

WebAPKを設定する手順を説明します。

まずChrome (CanaryかDev) でパッケージ化の機能を有効にします(この機能はまだ試験運用中のため)。
次のURLで構成できます。

chrome://flags/#enable-improved-a2hs

『「ホーム画面に追加(改訂版)」機能を有効にする』のセクションです。

設定変更後はChromeの再起動が必要です。
また、セキュリティ設定で「提供元不明のアプリ」の有効化も必要です。

準備が整ったら、WebAPKの機能を利用してアプリ化したいサイトにアクセスします。
当然、PWAを実装しているサイトになります。

メニューから「ホーム画面に追加」を選択します。

スマートフォンのホームスクリーンにアイコンをインストールするためのプロセスが始まります。

ホームスクリーンにアイコンが追加されました。
僕のブログアイコンの両サイドにあるFlipKartLand LinesはPWAで成功しているサイトです。

ただしホームスクリーンアイコンは、WebAPKの機能ではありません。
PWAの最も基本的、初歩的な機能です。
WebAPKが特異なのはここからです。

WebAPKでウェブサイトをアプリとして利用、管理可能に

ウェブサイトをアプリ化したので、アプリドロワーにアイコンが現れます。

アプリとして管理できます。

アプリとして管理することで、たとえば次のようなことができるようになります。

  • ホームスクリーンアイコンの画像変更や名称変更 ―― PWAのもともとのホームスクリーンアイコンは、インストールしたらそれっきりです。開発者は、あとからアイコン画像を変更できないし名称も変更できません。アプリなら、こういったことが(アップデートのタイミングで)できます。
  • 独立したプッシュ通知 ―― 従来のPWAのプッシュ通知はChromeに依存します。Chromeを利用してPWAサイトは通知を送信します。一方で、WebAPK化したウェブサイトはアプリなので、Chromeに依存せずにプッシュ通知を送信します。
  • ストレージやバッテリーの制御 ―― 1つの独立したアプリなので、単独でストレージやバッテリー消費などの制御が可能になります。通常のPWAはChromeが代表してこうした仕組みを制御します。

WebAPKは、昨年5月の Google I/O 2016 で紹介されました。
どんなことができるか、どんなメリットがあるかのもっと詳しい情報は、YouTubeにアップロードされた動画で知ることができます。

AMPよりもPWAに注目?

実は僕は、AMPよりもPWAに将来性を感じています。
少なくともAMPは今のところは、AMPでは高速化のために犠牲にされた機能が多くて、すべてのサイトに向いたテクノロジーではありません。

その一方、PWAはダイナミックな機能を存分に利用できます。

ニュースサイトやメディアサイトのように、静的な記事コンテンツが中心であればAMPは絶対的にオススメです。
ですが、インタラクティブな機能を提供したいサイトであれば、AMPよりもPWAに注目したほうがユーザー体験の高いサイトを提供できるのではないかというのが、僕の今の個人的な考えです。

小さな規模のサイトにPWAが向くとは思いません。しかし、技術力がある開発スタッフがそろっていて、一定規模以上のサイトであれば、PWAについて研究してみることを推奨します。
Googleのデベロッパーサイトでは、PWAの成功事例が毎月のように公開されています。
この記事で紹介したWebAPKはまだ試験運用ですが、今後ももっといろいろなことがPWAでできるようになっていくことでしょう。

【UPDATE】
アプリなのでこんなことも可能になっています。

なお、スクリーンショットに写っているツイートで木村さんが指摘しているように、AMPとPWAは排他的なテクノロジーではありません。
むしろ両者を連携させることでさらに高機能なサービスを提供できます。
後日あらためて解説したいと思います。

このエントリーが役に立ったらシェアしてください

[Ads & Featured Contrents]

海外SEO情報ブログTOPモバイルSEO › 先見の明があるならAMPよりもPWAに注目!? プログレッシブウェブアプリでウェブサイトのアプリ化が可能に

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


▲ページの一番上に戻る