[対象: 中〜上級]

リンクの否認ツールを使った際にその非承認リクエストの効果が出ているのか出ていないのかを調べることはできるのでしょうか。

一言で言えば、できません。

再審査リクエストの合格やランキングの回復で間接的に機能しているようだと推測することは可能です。
しかしながら、たとえばウェブマスターツールのなかのどれかのレポートでリンクの非承認が狙いどおりに働いていることを直接的に確かめる仕組みは存在しません。

GoogleのJohn Mueller(ジョン・ミューラー)氏がGoogle+で開催したウェブマスター向けハングアウトで質問してみました。
するとリンクの否認ツールがどのように処理されるかを流れを教えてくれました。

本質的に、リンクの否認ツールはそのページを再クロールしてからウェブ検索のパイプラインで処理される(「パイプライン処理」とは一連の処理を流れ作業のように順番に実行すること)。

特定の瞬間に突如としてリンクが非承認になるわけではない。
もっと徐々に起こるものだ。

否認リストに含まれている、サイトに対して張られているリンクがあるページをクロールしたあとnofollowリンクのように扱い始める。
その後また別の処理が行われる。

ウェブマスターツールで見ることができるものではないし、すべてのリンクが思いどおりにある特定の日にいきなり非承認として扱われるものでもない。

徐々に起こるもので、2、3日以内に非承認になるリンクがあるだろうし数週間かかるリンクもあるだろう。
再クロール、再インデックスされるのに数ヶ月かかるリンクさえ時にはあるだろう。

したがってウェブマスターツールで否認ツールの効果を見ることはできない。

最初にも書いたようにリンクの否認ツールが機能しているかどうかを確認することはできません。
これは、リンクの非承認の処理方法にも起因します。

リンクの否認ツールについては、「すでに非承認にされていたとしてもウェブマスターツールのリンクレポートには表示される」ことも併せて覚えておいてください。

リンクをnofollow扱いして評価対象から除外するだけであってリンクの存在自体を消滅させるわけではないからです。
リンクであることをGoogleは依然として認識し続けています。

このエントリーが役に立ったらシェアしてください

[Ads & Featured Contrents]

次のエントリも読むとSEOにさらに強くなります。

海外SEO情報ブログTOPGoogle Search Console › リンクの否認ツールでリンクが非承認とされたかどうかの効果を知ることはできない

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


▲ページの一番上に戻る