[レベル: 初級]

モバイル ファースト インデックス(以下、MFI)に移行しているかどうか、移行している場合はいつ移行したかを Search Console で確認できるようになりました。

貴サイトはモバイル ファースト インデックスに切り替わりました

Search Console にアクセスすると MFI に移行したサイトにはこのようなメッセージが表示されるかもしれません。

インデックス クローラの確認

スマートフォン用 Googlebot とパソコン用 Googlebot のどちらがクロールしたページがインデックスされるのか、つまり MFI に移行しているのかどうかを Search Console 「設定」で調べられます

(※鈴木注: MFI に切り替わっていようがいまいが、スマホ用 Googlebot と PC用 Googlebot の両方がクロールします。MFI に切り替わったサイトでは、スマホ用 Googlebot のクロールの割合が多くなり、インデックスされるのはスマホ用 Googlebot がクロールしたページになります。)

MFI に移行したサイトでは、スマートフォン Googlebot がインデックス クローラになっています。

インデックス クローラ: スマートフォン用 Googlebot

MFI への移行が完了している場合は切り替わった日付も書かれています。

こちらは、まだ MFI に移行していないサイトです。
インデックス クローラはパソコン用 Googlebot です。

インデックス クローラ: パソコン用 Googlebot

各種レポート のソースのクローラ

カバレッジや構造化データなどの各種レポートでは、どのクローラの情報に基づくデータなのかが提示されるようになりました。

カバレッジ レポートでは「メインクローラ」というラベルで、グラフの上部に書かれています。

メインクローラ: スマートフォン

キャプチャではメインクローラはスマートフォンですが、MFI に切り替わっていなければ PC になります。

AMP レポートでは、クロール・インデックスに使われたクローラがソースとして提示されます。

ソース: スマートフォン クローラ

もっとも MFI に移行しているかどうかに関係なく、AMP ページをクロールするのはスマートフォン用 Googlebot です。
どのサイトでも、「ソース: スマートフォン クローラ」になっているでしょう。

MFI が開始されてから 1 年と 3 か月がたちました。
検索結果に表示されるページの 50 %以上が MFI に切り替わったページとのことですが、MFI はまだ完了していません。

7 月 1 日からは、Google が新たに発見したサイトは最初から MFI になります。

MFI 移行への継続した取り組みのなかで、この記事で紹介したように Search Console での情報提供が拡張されました。
MFI に切り替わっているのかどうかを明確に知ることができるのは助かります。

[H/T] Google Webmasters

このエントリーが役に立ったらシェアしてください

[Ads & Featured Articles]

海外SEO情報ブログTOPモバイルSEO › MFI移行しているかどうかをSearch Consoleのメインクローラで確認可能に

▲ページの一番上に戻る