[対象: 中級]

Googleウェブマスターツールのバックリンクレポート(「サイトへのリンク」レポート)に「最新のリンクをダウンロードする」というオプションが追加されました。

「最新のリンクをダウンロード」ボタン

最新のリンクのスプレッドシート

僕の場合、最新といっても3、4日前の状態と何も変わっていませんでした。
複数の登録サイトでチェックしています。
また被リンクが増えているのは確認しています(もちろん自作ではないです)。

1日前、2日前のようにもっと直近の日付のリンクも出てくるのでしょうか?
あなたのサイトで調べてみてください。

先日導入されたGoogleドキュメントへのエクスポート機能を利用すればブラウザですべての作業が完結できます。
ブラウザさえあればどの端末からでも閲覧・編集できるし共有も簡単です。

疑問に思うのは最新のリンクを別に用意した理由です。
通常のレポートを最新状態にすればいい話だと思いませんか?
どうしてわざわざ分けたのでしょうか?

リンクレポートにもう1つ新しい機能が加わっています。

リンク元ページのURLにカーソルを当てるとそのページの「プレビュー」が表示されます。

リンク元ページのプレビュー

新しい警告メッセージを送るようになったクロールエラーのレポートにもプレビュー表示が付きました。
URLのレポートについてはすべてプレビューが出るようになったようです。

クロールエラーが起こっているページのプレビューは表示できないことが多いのでほとんど役に立ちませんが、リンク元ページのプレビューはそれなりに役に立つかもしれませんね。

このエントリーが役に立ったらシェアしてください

[Ads & Featured Articles]

次のエントリも読むとSEOにさらに強くなります。

海外SEO情報ブログTOPGoogle Search Console › 「最新のリンクをダウンロードする」オプションがGoogleウェブマスターツールに追加

▲ページの一番上に戻る