先週、「Googleヨーヨー現象」について投稿したところ、「同じような現象を体験しています」という話をコメント、メール、あるいは直接、数人からいただきました。

日本でも、ヨーヨー現象に該当するような状況にあるサイトが存在するようですね。
Sphinn Japan Blogのこの記事も、ペナルティではなくヨーヨー現象なのではないかと疑っています。

また、インフォキュービックさんのSEOブログでは、僕の記事を引き合いに出していただきつつ、ヨーヨー現象とおぼしき状況が公開されています(余談ですが、インフォキュービックさんは、語られることの少ないYahoo!のSEO情報を気前よく発信しています)。

インフォキュービックさんがYahoo!に強いことは十分に認識していたのですが、Googleに対しても同じことが言えるようです。

インフォキュービックさんは、ヨーヨー現象の原因として「バックリンク」と「競争率の高いビックワード」を挙げています。

実はこれは、ヨーヨー現象のディスカッションが行われたWebmasterWorldで、アドミニストレータのtedsterが言っていることに合致しているのです。

I agree that the backlink profile is critical almost all of the time. But what, exactly, you do about that profile may vary in each case. The key is in knowing your site and your backlinks very well – it takes solid analysis and clear thinking. In some cases, just one or two backlinks from a strong authority website can make all the difference. In other cases, I’ve seen such new backlinks actually throw the url into a yo-yo, often because the conscious manipulation was too obvious and heavy-handed. A light touch can go a long way,

下の引用は、GoogleのSERPの月ごとの変化について意見を交し合う別のスレッドでの、tedsterのコメントです。

I don’t know if trust is a direct factor in the yo-yo or not, but I re-framed the question that way because it seemed a better focus.

What is trust – in Google terms? That’s a thread on its own, or several threads.

Put simply, my understanding is that trust calculation begins with a hand-picked group of seed sites — and it then measures the link distance from those seed sites. If a new set of seed sites gets chosen, then the trust of any linked domains can shift. And if a site is removed from the seed set, then trust may fall away from those sites it links to, with further repurcussions for the second- and third-generation sites in the overall web graph.

It does seem to me that a yo-yo ranking (especially on and off the first page) could be a way of saying “we are not sure whether to trust this url for this keyword”. So it gets shown just some of the time until the data makes things clear.

Now just because that makes sense to me in an abstract way does not mean that Google is really doing this, but the idea does have a kind of logic. Deep changes in content might upset a trust value. Suddenly getting impressions for a search term where a site never ranked before also might raise questions about why that happened.

ヨーヨー現象にはさまざまな原因が考えられますが、ほとんどの場合においてバックリンクの状況が関与しているのは間違いないとのことです。

強いオーソリティサイトからのほんの1,2本のバックリンクでヨーヨー現象から脱することもあるし、逆にあきらかに自作自演のバックリンクが張られることでヨーヨー現象に陥ってしまうこともあります。

「強いオーソリティサイト」とはどんなサイトかというと、tedsterはトラスト(信用度)の高いサイトと理解しているようです。

Googleの特許を読むと、「オーソリティ」と「トラスト」は違うと以前に解説したことがあります。

オーソリティは簡単に言えば、リンクを多く集めることで高めることができます。
「バックリンクの多いサイト」=「オーソリティの高いサイト」ですね。

これに対して、トラストは特定のサイトに与えられる「Seed(シード)」と呼ばれるポイント/スコアの受け渡しによって判断されます。

Googleは、「このサイトは信用度(トラスト)がある」として1次レベルのサイトを(おそらく手動で)選びます。

1次レベルのトラストサイトには、信用を与えられた証明としてSeedが与えられます。

1次レベルのトラストサイトからリンクされているサイトには、Seedが渡されます。
ただし、少しポイントは減ります。
2次レベルのサイトには全ポイントではなく、一部だけが引き継がれるわけです。

2次レベルのトラストサイトからリンクされているサイトには、3次レベルのトラストサイトとして、Seedが渡されます。

ここでも、Seedは減少します。

Seedの受け渡しの減少は、人間の世界の家系でいうと、世代が移るに連れて血が薄くなるようなものです。

Seedが直接与えられたサイトは信用度がもっとも高く、Seedが与えられたサイトがリンクしているサイトは2番目に信用度が高くなり、2次レベルのサイトがリンクしているサイトが3番目に信用度が高くなります。

つまり、Seedが直接与えられたサイトから、リンクを経た距離が離れれば離れるほどトラストは低くなります。

ヨーヨー現象は、Googleが、このサイト(ページ)がこのキーワードで上位表示するのに値するほどトラストがあるのか確信が持てていないから、はっきりするまで少しの間だけ上に出しておこうとする期間とも考えれらるのです。

もし、自分のサイトがヨーヨー現象にはまっているようなら、バックリンクを見直して、自作自演が度を過ぎていないかGoogleにトラストを与えられているようなサイトからのリンクを得られないものか、これらをチェックしてください。

このエントリーが役に立ったらシェアしてください

[Ads & Featured Articles]

海外SEO情報ブログTOPGoogle SEO › Google ヨーヨー現象は、バックリンクとトラストが原因か?

Comments

  1. By 逆SEO on

    とても勉強になりました。いつもありがとうございます。オーソリティとトラストのことはとても興味があります。わたしもGoogleのヨーヨー現象は、トラストと深い関係があると思っています。トラスト・アルゴリズムと、でもいうのでしょうか。なんだかGoogleの順位付けは、トラストによって順位が階層化しているみたいに感じます。逆SEOを生業としていると、このトラストの壁にあたってしまいます。

    あ・・Yahoo!が動き始めました。では今日はこれにて。

    *** Reply from Suzuki Kenichi ***

    あ・・Yahoo!が動き始めました。では今日はこれにて。

    (笑)

  2. By koo on

    ちょっと挙動が違いますが、現在同じような現象に陥っているサイトがあります。
    そのサイトの場合は更新するとビックワードで上位に行きますが、24時間後くらいに290位位まで落ちます。毎日更新することで回避してるのですが、さぼると落ちるのでしんどいです(笑)
    この記事を拝見して自作自演のリンクが見破られてると確信しました。
    もしかすると「強いオーソリティサイト」からのリンクでもリンクのしかた(フッター・隠しリンクなど)によってはヨーヨー現象に陥るのかもしれません。
    大変参考になりました。

    *** Reply from Suzuki Kenichi ***
    更新すると、また上位に戻るというのは始めて聞く現象です。
    新たな動きがあったら教えてくださいね。

  3. By SEOマニア on

    いつも楽しく拝見させていただいております。
    現在ヨーヨー現象以外に、おかしな挙動をしているのでご報告致します。

    Yahooでよく起こる検索の仕方によって異なる検索結果が返ってくるのを
    Googleでも確認しております。

    もちろんキーワードによって発生するものとしないものがありますが
    確実に異なる結果が返ってくるキーワードがあります。

    具体的申しますと検索窓に複合キーワードを入力して検索を行った場合と
    まず、単独キーワードで検索を行い、その検索結果で出てきた類推検索で
    検索結果が返ってきた場合です。

    ホント鈴木様がおっしゃるようにGoogleはバックリンクをかなりイジッている感じです。

    自分の実体験から今、バックリンクを増やすと順位が大幅に下降する危険があります。

    Googleで4位だったサイトが40位まで落ちました。

    結構評価の高いサイトだと思うのですが一本送っただけで見事に下降です。

    皆さんも私と同じ目に遭わない為にも、バックリンクを送る際は気をつけてください。
    できれば今はバックリンクは増やさない方が良いかもしれません。

    *** Reply from Suzuki Kenichi ***
    検索結果が違うのは、パーソナライズ検索が働いているということはないですか?

  4. By yamagoe on

    ヨーヨー現象という言葉を初めて知りました。
    そして、こういう現象を経験しているのが、自分だけではないと知って、少しホッとしました。

    私の場合は、モバイルサイトをいくつか運営しています(アフィリ目的です)。
    バックリンクは、ほとんどがランキングサイトや中小の検索エンジンからのものです。

    そのサイトが、googleの検索結果で短期間にかなり大きく上下を繰り返すので(ビッグキーワードでベストテンに入ったり、圏外だったり)、
    もう運営をやめようと思い、二つのサイトで(去年の秋と、今年の3月の二回)、バックリンクのほとんどをなくしたことがありました。

    すると、その2,3日後から検索結果の上位に安定して表示されるようになったのです。
    二回ともです。
    なので、バックリンクが関係していることは、間違いないのではないかと私なりに思っています。
    ただ、googleのロボットは、リンクが減ったことを2,3日で理解するのか、という疑問もあります。

    *** Reply from Suzuki Kenichi ***
    link:検索やウェブマスターツールのバックリンク更新は間隔がありますが、内部では継続して更新しているはずです。

▲ページの一番上に戻る