ヤフー!ウェブ アナリティクスウェブマスター向けのアクセス解析ツールとして、GoogleはGoogle Analyticsを、MicrosoftはGatineau(ガティノー)を提供しています。

3大メジャー検索エンジンの中で、唯一アクセス解析ツールを公開していなかったYahoo!が、いよいよ「Yahoo! Web Analytics(ヤフー! ウェブ アナリティクス)」というアクセス解析ツールをリリースします。

Yahoo! Web Analyticsの主な特徴は、以下のとおり。

  • リアルタイム集計:競合のアクセス解析ツールはデータの表示に、24?48時間かかるものもありますが、Yahoo! Web Analyticsは数分以内にデータが反映されます。ほぼリアルタイムでの集計が可能です。
  • 純データ:取得したデータを統計処理せずに、“生”のままで提供します。より詳細に分析ができます。
  • 使いやすさと柔軟性:ドラッグ&ドロップで操作できるインターフェイスを採用し、フィルタリング、セグメント分けなどが簡単にできます。ウィザード形式でカスタムレポートの作成も容易です。

Yahoo! Web Analyticsは、Yahoo!が5月に買収したオンラインマーケティング用のWeb解析ツール「IndexTools」がベースになっています。

IndexToolsは、月額$400でしたが、Yahoo! Web Analyticsは無料になるようです。

一部のYahoo!の広告主やサードパーティのアプリケーション開発者には、すでに提供が始まっていて、2008の残りから、2009にかけて、Yahoo!の顧客、パートナー、ディベロッパーに順次公開の予定です。

VisualRevenueで、詳細やツールのスクリーンショットを見ることができます。

データ反映がのろいGoogle Analyticsと違って、リアルタイムというのが嬉しいですね。
また、使いやすさいにも期待です。
Google Analyticsは、機能が豊富すぎて使いこなせていません。(笑)

日本人ユーザーにとって、日本語版が待ち遠しくなるようなツールであってほしいものです。

Yahoo! Web Analyticsのホームページで登録だけはできるので、興味があれば済ませておきましょう。

このエントリーが役に立ったらシェアしてください

[Ads & Featured Articles]

次のエントリも読むとSEOにさらに強くなります。

海外SEO情報ブログTOPGoogleアナリティクス › Yahoo! Web Analytics – ヤフー!のアクセス解析ツール

Comments

  1. By on

    鈴木さん、こんにちは。

    Yahoo! Web Analyticsは、法人向けのベータ版なんですかね。
    また、一般の人向けじゃないみたいなので、私は利用をもうちょっと待ってみます。
    英語もあまり、わからないし。

    Yahoo! Web Analyticsの日本語のローカライズが楽しみですね。

    *** Reply from Suzuki Kenichi ***
    必ずしも法人向けではなさそうですが、大規模にサイト運営している管理者向けではあるようです。
    登録はできますが、一般公開はまだですね。
    日本に来るとしても、先でしょうね。

  2. By on

    僕はGoogle Analyticsを入れていますが、
    Analyticsでは地域ごとのアクセス数が分からないため、
    地域別アクセス数が分かる別のアクセス解析も入れたりしてます。

    個人的には、

    ・カウンター機能
    ・アクセス解析(キーワード別、地域別アクセス数、滞在時間、リファラ等)

    これらが全部ひとつにまとまったものが欲しいんですが・・・

    *** Reply from Suzuki Kenichi ***
    既存のアクセス解析ツールより、優れていると歌っています。
    早く公開してもらって、使って確かめてみたいですね。

  3. By on

    yahooに振り回される人生はまっぴらなので、
    これを機にgoogleanalyticsが進化してくれれば
    いいんですけど。

    *** Reply from Suzuki Kenichi ***
    Googleに振り回される人生も避けたいですよね。(笑)

  4. By on

    一般公開されたら、Google Analyticsとの比較になりそうですね。
    まぁ、楽しみにしてます。

    *** Reply from Suzuki Kenichi ***
    検索結果の関連性は断然Googleですが、こっちのツールには期待したいですね。

▲ページの一番上に戻る