Google Webmaser Central Blogでのリンクに関する解説シリーズの3回目です。

1回目は「Internal links(内部リンク)」、2回目は「External links(発リンク)」についてでした。

今日は、最終回で「Inbound links(被リンク)」についてになります。


被リンクとは、外部のサイトから脹れれているリンクです。

被リンクは、新しいユーザーをあなたのサイトにもたらします。
コンテンツを編集した人の選択として、リンクがユーザーのメリットに基づいていて、自発的に脹れれたときだけ、Googleはそのリンクを価値あるものとして、評価します。

リンクは内容的な関連性のほか、地理的な関連性も示します。

関連性があって質の高い被リンクは、ご存知のとおりPageRankに影響を与えます。

Googleは、関連性があって質の高いリンクだけを被リンクとして評価し、スパミーなサイトからのリンクは評価しません。

グーグルが評価するインバウンドリンクと評価しないインバウンドリンク

上の図ではあなたのサイト、example.comには3つのサイトからリンクが張られていますが、Googleが有効なリンクとしてカウントするのは2つだけです。

Googleでは、ユーザーに最適な結果を返すために、コンテンツや被リンク含めて200以上の指標が採用されています。


正直言って、物足りない内容ですね。

「良質なコンテンツ」を作成し「関連性のあるサイト」から「自発的に」張られたリンクをもらいなさい。
「スパムサイト」からのリンクは評価しません。

今さら、言われるまでもないことです。

と言っても、これらを実現するのが難しいんですけどね。w

このエントリーが役に立ったらシェアしてください

[Ads & Featured Articles]

次のエントリも読むとSEOにさらに強くなります。

海外SEO情報ブログTOPGoogle SEO › 模範的な被リンク(つまらないかも・・・)

Comments

  1. By on

    おっしゃる通り、理屈ではわかってはいても、実施するのは本当に難しいですよね。
    「言うは易し、行うは難し」です。

    *** Reply from Suzuki Kenichi ***
    このブログで実践していると言ったら、自信過剰ですか?(笑)

▲ページの一番上に戻る