Googleの補足結果(Supplemental Results/Supplemental Index)が、完全に消滅します。
Google Webmaster Central Blogで公式にアナウンスされました。

補足結果(補足インデックス)とは、メインインデックスと区別され、通常の検索結果には現れないページです。

原因はいくつかありますが、補足結果に入ってしまったページは、検索ランキングの上位に表示されにくくなります。
クローラが訪問する頻度も減少します。

いったん補足インデックスに入ってしまったら最後、抜け出すのは至難の技でした。

以前は、補足インデックスに含まれたページは検索結果に「補足結果(Supplemental Results)」と表示されていましたが、今年の7月に撤廃されました。

Googleは、ゆくゆくは補足結果自体を撤廃することも示唆したものの、補足結果は依然として残っていました。

今回はシステムの大掛かりな変更により、メインインデックスと補足インデックスの違いをなくすことが実現できたということです。

Googleも自画自賛の技術革新です。

serving this much larger of an index doesn’t happen easily, and it took several fundamental innovations to make it possible. At this point it’s safe to say that the Google search engine works like nothing else in the world.

“(補足結果を撤廃して)以前よりもずっと大量にインデックスを提供するのは、そうやすやすとはできないことなんだ。これを可能にするには、いくつかの根本的なイノベーションが必要だった。現時点で、グーグルサーチエンジンは、この世の中でも類を見ない働きをしている。”

補足結果自体は決して悪いことではないのですが、ウェブマスターにとっては自分のサイトのウェブページが補足結果にはまってしまうことは、喜ばしいことではありません。

今後は、補足結果に入ったことが気になって眠れない夜が続くといったこともなくなりそうですね。:-)

このエントリーが役に立ったらシェアしてください

[Ads & Featured Articles]

次のエントリも読むとSEOにさらに強くなります。

海外SEO情報ブログTOPGoogle SEO › Google、補足結果を完全廃止

▲ページの一番上に戻る