ヤフーのロゴ PageRank(ページランク)と言えばGoogleの専売特許ですが、Yahoo!(ヤフー!)にも、Pagerankに相当する、ウェブページを評価するための指標があります。

Yahoo!は、『User-sensitive pagerank』というPagerankに関するPatent(特許)を、1週間前の2008年1月10日に取得しました。

GoogleのPageRankの欠点を突いたようなドキュメントになっていて、問題となる想定を指摘しています。

  • すべてのリンクは画一的ではない
  • ランダム・サーファー(これといった目的もなく、あちこちのページを閲覧するユーザー)は、ランダム(手当たり次第)にページを移動するわけではない
  • ランダム・サーファーは、リンクをたどらないときには、大手のサイトに移動するとは限らない
  • ウェブページの価値は、異なる割合で変化する
  • ページランク算出の計算は、ときどき間違っている

そこで、Yahoo!が特許の中で目指すPagerankは、”User-sensitive(ユーザーの行動や属性に敏感な)”という、ユーザーのデータに基づいてウェブページを評価する仕組みです。

  • ユーザーに選ばれた(クリックされた)リンク
  • ランダムに移動した先のページ
  • 訪問したページへの満足感(そこで閲覧をストップしたか)

このように、ユーザーがどのようにウェブページを見ているかにウェイトを置きます。

加えて、地域・性別・年代・収入などもユーザーのデータとして取り入れます。

もちろん、リンクのアンカーテキストも重要視されます。

サイト・ホスト(サーバー)・ドメインも考慮に入ります。

ページランクは頻繁に更新され、クローラのクローリングの頻度にも影響を与えます。

これが、Yahoo!が目指すPagerankです。

特許の取得が、直ちに実装に繋がるわけではありませんが、将来のYahoo!の検索アルゴリズムを分析するうえで貴重な情報になりそうです。

このエントリーが役に立ったらシェアしてください

[Ads & Featured Articles]

次のエントリも読むとSEOにさらに強くなります。

海外SEO情報ブログTOPYahoo検索 › Yahoo Pagerank – ヤフー ページランク

▲ページの一番上に戻る