Yahoo! JAPANは、スパムに汚染されまくっていた「キーワード入力補助」と「関連検索ワード」の機能を一部停止しています。

言い訳理由を公式ブログで説明しています。
『Yahoo!検索の品質向上に対する取り組み』

この機能の“穴”を悪用・乱用してスパムサービスを売っていたSEO業者は最悪ですが、長い間野放し状態(対策はしていたろうけど結果的にはまったく防げていなかった)Yahoo!も最悪だと僕は思います。

自分たちの技術力・対応力のなさを堂々と世間にアピールしていたようなものです。
一般ユーザーは気にしていなかったでしょうが、僕たちのようにSEOを学んでいるサイト管理者からしてみたら「なんでこんなにヘボいの?」としか思えないような子供だましのような機能でした。

「SEO対策」とか「弁護士」のように操作のターゲットになっていた儲かる系キーワードでは、「キーワード入力補助」と「関連検索ワード」は今現在無効になっています。

「パスタ」や「菅直人」のような非商用キーワードでは有効です。

完全に対応できるまで復活させてほしくありません。
まさしくスパムの温床です。

そして、この機能を悪用・乱用していたスパム業者も同時に消えてください。

有料リンクは検索エンジン(Google)が自分たちの都合で勝手に決めたガイドラインなので無視したとしても直接の被害を受けることは少ないのですが、虫眼鏡スパムは目障りです。
ウザい以外の何者でもありません。

追加されたヘルプの記載をよく読んでおくように(※強調は編集による)。

本機能を、SEOやいやがらせ等の目的で利用する行為は禁止しています。そのような行為を発見した場合には、なんらかの措置を実施することがあります。また、被害が発生した場合には、刑事・民事での法的責任を追求することがあります

あと、スパムサービスを売り込まれたときには注意してください。

このようなスパム行為に関しては、実際にスパム行為を行なっている企業(実行者)だけでなく、当該企業に依頼を行なっている各サイト(依頼者)に対しても何らかの措置を検討する場合がありますのでご注意ください。

しつこく虫眼鏡スパムサービスを売っている悪徳業者を見つけたら、すぐに報告しましょう。
Yahoo!検索 – お問い合わせフォーム

このエントリーが役に立ったらシェアしてください

[Ads & Featured Articles]

次のエントリも読むとSEOにさらに強くなります。

海外SEO情報ブログTOPYahoo検索 › Yahoo!、「キーワード入力補助」と「関連検索ワード」を一部停止

Comments

  1. By java on

    ブラックな業者の方はこれを期に、こういう事にかける時間や情熱をホワイトハット方面に回してほしいものですね。

    このアナウンスと対応に関してはほんと「今更」のような気がしますが、この余裕のある時間差対応はヤフーらしいといえばらしいと私は思います(笑)

    でも実は、対応(公表)しただけマシというのが本音だったりします。

    あんまり言うと止まらなくなりそうなので、この辺りで(笑)

    *** Reply from Suzuki Kenichi ***

    でも実は、対応(公表)しただけマシというのが本音だったりします。

    あちこちで批判を受けていたでしょうから、やむを得ずかもしれませんね。

    あんまり言うと止まらなくなりそうなので、この辺りで(笑)

    その気持ち、分かります。
    僕もこれでも随分おさえて記事を書きました。(笑)

  2. By 774 on

    本日は随分と尖った文面ですね。
    それだけ腹を据えかねていたというわけですね。

    それにしても放置が長いですよね。まさかse○業者と影で。。。は!

    こんな事想像すらしてはいけませんね。

    *** Reply from Suzuki Kenichi ***
    ずっと対策できていないにもかかわらず、サービスを提供し続けていたYahoo!に頭に来ていました。
    虫眼鏡スパムを働いている業者のサイトをインデックス削除したようですよ。

  3. By kazu on

    Yahoo!の検索結果の信用のなさの根本原因は、ビズネスエキスプレスという名前のみかじめ料制度にあると思います。

    「ヤハブサ」が話題になったころのGoogleとYahoo!の検索結果の一位を見れば歴然。

    また私もYahoo!にはひどい目に会いました。

    ある健康関係の情報ブログを続ている時は、Googleには非常に好かれていました。しかしYahoo!では私のサイトはみかじめ料を取っているサイトの邪魔になる為か、ひどいものでした。

    あるページなどはGoogleではアルゴリズム変更時の指標になっているのではないかなどとさえ思えていたサイトが、Yahoo!では普通の検索では絶対に出てこないようにしてあったり。

    この先Yahoo!が、みかじめ料ビジネスとの関係をどうするのか、楽しみではあります。

    技術力の差もあるでしょうが、企業の根本精神の問題がYahoo!の問題ではないでしょうか。

    *** Reply from Suzuki Kenichi ***
    Yahoo!によほどいやな思いをしてきたようですね。
    Google化したことで多少なりとも緩和するといいですね。

▲ページの一番上に戻る