Googleは動画コンテンツのインデックスに力を入れ始めていて、より多くの動画コンテンツを取り込むために動画サイトマップの送信を勧めています。

サイトマップの書式は難しいものではありませんが、自分で作るとなるとやはり面倒です。

そこで今日は、WordPressブログで動画コンテンツを公開しているサイト管理者に利用してほしい「動画サイトマップを自動で生成するプラグイン」を紹介します。

Google XML Sitemap for Videos“といいます。

インストール方法も設定方法もきわめてシンプルです。

  1. まずファイルをダウンロードしてpluginsディレクトリにアップロードします。またはプラグインの自動インストール機能を使ってもかまいません。。
  2. 有効化します。
  3. ナビゲーションメニューの「ツール」セクションにある「Video Sitemap」から設定画面にアクセスします。
  4. “Generate Video Sitemap”というボタンがあるのでクリックします。
  5. 動画サイトマップが生成されて完了です。

WordPressをインストールしたいちばん上のディレクトリに”sitemap-video.xml“というファイル名で動画サイトマップが作成されます。

動画サイトマップ

あとは、できあがった動画サイトマップをGoogleウェブマスターツールから送信してインデックスの手助けにしてもらいます。

Googleウェブマスターツールで動画サイトマップを送信

注意点をいくつか。

  • YouTubeにアップロードしたビデオだけが対象になります。埋め込んでいてもいいしYouTubeページへのリンクを貼ってあるだけでも含められます。
  • sitemap-video.xmlが作られなかったら、sitemap-video.xmlという名前のテキストファイルを自分で作って(中身は空っぽでOK)、WPのルートディレクトリにアップロードします。そしてもう一度”Generate Video Sitemap”ボタンをクリックして動画サイトマップを生成します。
  • Googleは動画サイトマップをサポートしていますが、Yahoo!は今の時点ではサポートしていません(Yahoo!に確認済み)。Bingは確認していませんがおそらく未サポートかと。
  • Googleウェブマスターツールでの送信方法は普通のウェブページのときとまったく同じです。サイトマップの場所を指定するだけです。サイトマップの形式は自動で判別してくれます。

多少の制約はあるかもしれませんが、WordPressで構築したサイトでYouTubeに動画コンテンツを公開しているなら、ぜひ利用したいプラグインです。

このエントリーが役に立ったらシェアしてください

[Ads & Featured Articles]

次のエントリも読むとSEOにさらに強くなります。

海外SEO情報ブログTOPGoogle SEO › 動画サイトマップ作成 WordPressプラグイン — Google XML Sitemap for Videos

▲ページの一番上に戻る