[レベル:初級]

GoogleツールバーのPageRankが下がった原因はどのように調べられるか?

この質問に、GoogleのMatt Cutts(マット・カッツ)氏が回答しました。

ポイントを箇条書きでまとめます。

  • ツールバーのPageRankは年に3〜4回更新される。
  • 随時更新しないのはウェブマスターにPageRankにばかり気を取られてほしくないから。
  • 0〜10(の整数値)に丸められていて、必ずしも信頼できないデータということではない。
  • PageRanが下がる理由の1つは、とても評価の高いバックリンクがなくなったこと。
  • もう1つの理由は、内部リンクがおかしくなっていて正規化が異常なとき。
  • もっともありがちなのは、リンクを売っているとき。
  • 突然30%もPageRankが下がったとしたら、PageRankを渡すリンクを売っていてそれはガイドライン違反。
  • 有料リンクを削除してから、再審査リクエストを送信し、「リンクを売っていたためにPageRankを下げられたけどすべて削除しので信頼を回復してほしい」と伝える。
  • 問題がなくなっていて再びリンクを売ることがないとGoogelが信用できれば、PageRankは元に戻るだろう。

Matt Cutts氏が触れた、ツールバーのPageRankが突然下がる理由はようは次の3つです。

  1. PageRankをたくさん送ってくれていたリンクが外された。
  2. 正規化が不適切。
  3. 有料リンクを販売していた。

1番目は説明不要ですね。
PageRankはリンクによってのみ計算されます。

2番目は、たとえばwwwありとwwwなしを正規化していなくて、バックリンクが両方に張られているときはそのバックリンクを統合できなくてそれぞれに分散してしまうことがあるかもしれません。
もっともwwwあり・なしに限って言えば、今のGoogleは何もしていなくてもほとんど正規化してくれています。
とはいえ重複URLは避けるべきで、PageRankが落ちる以上の影響が発生し得ます。

3番目もありがちなので説明はいらないでしょう。
PageRankの高さをウリにしてリンクを売っているので“見た目の”PageRankを下げられます。

Matt Cutts氏は語っていませんが、インデックス削除のような重度のペナルティが課せられたときもツールバーのPageRankが下がります。
下がるというか、グレーアウトされてPageRankそのものが表示されなくなります。
Google側のバグということもありますが、灰色になってしまっていてかつキャッシュから消えていたら深刻な事態に陥っている可能性が高いです。

Matt Cutts氏の言うようにツールバーのPageRankは常日頃から監視べきものではありませんが、突然の大きな数値低下については原因を探ったほうがいいでしょう。

このエントリーが役に立ったらシェアしてください

[Ads & Featured Articles]

次のエントリも読むとSEOにさらに強くなります。

海外SEO情報ブログTOPGoogle SEO › GoogleツールバーのPagaRankが突然下がった理由

▲ページの一番上に戻る