[レベル: 中級]

次の方法はどれも Google の検索結果からページを削除することができます。

  • HTTP ステータスコードで 404 を返す
  • HTTP ステータスコードで 410 を返す
  • noindex robots meta タグを設置する

いちばん速く効果が出るのはどの方法でしょうか?

中長期的には同じ、410 と noindex は若干 404 より速い

Google の John Mueller 氏は 404 と 410、noindex タグの違いについて次のように説明しています。

  • 中長期的にはどれも同じ――インデックスから削除され、検索結果に表示されなくなる。クロール頻度が減少する
  • 短期的には、410 は 404 よりも少しだけ速く処理される――2日ほど速い?
  • noindex タグも 404 より少しだけ速い
  • 検索結果から非表示にするのが目的であれば、404・410・noindex のどれでも構わない――実質的な違いはない

3年前の時点でも、404 と 410 には実質的な違いはありませんでした。
410 が若干速く処理されるものの、どちらも検索結果からのページ削除として機能します。
今でも変わっていないということですね。

1つ新しい情報があるとすれば、noindex タグも 404 よりも(少しだけ)速いということでしょうか。
noindex は一般的に HTML の head セクションに記述する robots meta タグを指しますが、X-Robots-Tag で設定した場合も同様でしょう。
ただし昨日説明したように、JavaScript によってクライアントサイドでレンダリングさせて生成する noindex robots meta タグはむしろ処理が遅くなることがあるので注意が必要です。

P.S.
404 と 410 の技術的な違いが気になる人は、こちらの記事の後半部分をお読みください。

このエントリーが役に立ったらシェアしてください

[Ads & Featured Articles]

海外SEO情報ブログTOPGoogle SEO › 404と410とnoindex――Googleの検索結果からページを削除するにはどれがいちばん速い?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


▲ページの一番上に戻る