アメリカで著名なSEOコンサルタントの1人、Aaron Wall(アーロン・ウォール)氏が彼の運営するSEO Book.comのブログで、Googleはキーワードの競合度によって重み付けする要素を変えていると分析しています。

競合の多いビッグキーワードと競合の少ないロングテールキーワードでは、何が重要視されるのでしょうか。

Aaron Wall氏は、以下のように比較しています。
(特定のキーワードを対象にした数値ではなく、一般的に考えられる両者の比較です)

Google Search Ranking Algorithms

□競合の激しいキーワード

  • ドメイン・オーソリティ:25%
  • リンクのアンカーテキスト:20%
  • 関連サイトからのリンク:20%
  • リンクの多様性:15%
  • サイトの年齢:15%
  • 内的要因:5%

□ロングテールキーワード

  • 内的要因:50%
  • サイトの年齢:15%
  • ドメイン・オーソリティ:15%
  • リンクのアンカーテキスト:15%
  • リンクの多様性:5%
  • 関連サイトからのリンク:0%

競争率の高いメジャーキーワードでは、ドメインの権威や被リンクといった外的要因にウェイトが置かれます。

たいして、競争率の低いロングテールキーワードでは、ページ自体のコンテンツ、内的要因にウェイトが置かれます。

SEO上級者にとっては機知の事実かもしれませんが、SEO界を代表するプロフェッショナルに言われると信憑性が増しますね。

このエントリーが役に立ったらシェアしてください

[Ads & Featured Articles]

次のエントリも読むとSEOにさらに強くなります。

海外SEO情報ブログTOPGoogle SEO › ビッグキーワード vs. ロングテールキーワード ? Googleアルゴリズムの重み付け

Comments

  1. By on

    いつも拝見させていただいております。

    >SEO上級者にとっては機知の事実かもしれませんが

    しかしこの事実はなんとなくは分かっていても、数値化して考えることがないので、
    このような記述は大変勉強にります。

    確かにビッグキーワードでは、「ドメインの古さ」というのは、絶対的な価値を持っているような気がします。
    つまり、ビックキーワードを狙う人は、そのぐらい長い期間運営するだけの覚悟というか根気が必要だということですね。
    勉強になりました。

    *** Reply from Suzuki Kenichi ***

    数値化して考えることがないので

    Aaronがどうやって数字をはじき出したのかが気になるところではありますが、ビッグキーワードになればなるほど、外的要因の比重が大きくなるのは真実でしょう。

▲ページの一番上に戻る