iPhoneやiPad、Android端末の普及でスマートフォン専用のページを用意するサイトも増えてきています。

スマートフォンからのアクセスに対して「リダイレクトによってスマートフォン専用のURLに振り分けるとき」の注意点を今日はお伝えします。

rel=”canonical”タグで、対応するデスクトップ用ページのURLを指定してください。

重複コンテンツの発生を防止するためです。

現状GoogleはデスクトップPCとスマートフォンを区別せず同等に扱います。
スマートフォン用の検索結果も用意していません。
共に、ウェブクローラのGooglebotがクローリングします。
※従来のモバイル端末はモバイルクローラのGooglebot-Mobileがクローリングします。詳しくはこちらの記事を参照。

スマートフォン用のコンテンツはデスクトップ用のページと、完全ではないにしてもほぼ同じになるはずです。

スマートフォン用のページがインデックスされた場合、重複コンテンツが発生してしまうかもしれません。

スマートフォン用ページを、対応するデスクトップ用ページに向けて、rel=”canonical”タグで正規化しておくことで重複コンテンツの発生を防ぐことができます。

それにこうしておけば、スマートフォン用ページではSEOを意識する必要がなくなり、スマートフォン特有の表示や操作に特化したデザインを実現できますね。

クライアントさんとSEOビジネス大学オンラインのユーザーさんから、スマートフォンの振り分けについてたまたま同時に質問をいただいたので、同じような状況にいるサイト管理者が多いのではと思いエントリしました。

確認ですが、このエントリで説明した、rel=”canonical”タグで正規化するべき状況は、デスクトップ用ページとスマートフォン用ページのURLを分けている場合です。

CSSの切り替えなどによって、URLをそのままに保ちつつレイアウトや装飾だけを変えている場合は重複コンテンツは発生しません。
したがってrel=”canonical”は不要です(記述しても悪いことはないです)。

このエントリーが役に立ったらシェアしてください

[Ads & Featured Articles]

次のエントリも読むとSEOにさらに強くなります。

海外SEO情報ブログTOPモバイルSEO › スマートフォン用ページに振り分けるときはrel=”canonical”を設定する

Comments

  1. By oono on

    気になっていました事と近いのではじめてコメントさせて頂きました。
    スマートフォン用との記事ですが、モバイル用にはrel=canonicalタグを設置しなくても大丈夫なのでしょうか?

    *** Reply from Suzuki Kenichi ***
    モバイルページにrel=”canonical”を書いたら、モバイルページがPC用ページに正規化されてインデックスから消えてしまいます。
    逆にモバイルページが存在することを伝えるために、Mobile link DiscoveryタグをPCページに記述します。

  2. By 徳田(英語SEO) on

    スマートフォン専用ページを立ち上げる予定だったので、記事がタイムリー過ぎて助かりました。
    別URLなのでrobots.txtを使用して、スマートフォンページ自体を検索エンジンに見せない方向で考えておりましたが、rel=”canonical”タグを設置した場合、モバイルに蓄積されるリンクの効果等が集約されるので、こちらの方がよさそうですね。

    *** Reply from Suzuki Kenichi ***
    noindexタグも使えますが、リンクが張られたときのことを考えるとrel=”canonical”が最適ですね。

  3. By roko on

    スマートフォンサイトについて質問です。
    デスクトップ用ページとスマートフォン用ページのURLを分けているため、
    スマートフォン用ページにrel=”canonical”を設置しています。

    rel=”canonical”を設置しておけば、「スマートフォン用ページではSEOを意識する必要がなくなり、スマートフォン特有の表示や操作に特化したデザインを実現できますね。」

    という内容が有ったのですが、上記のような場合
    スマートフォン用ページでは、ユーザの利便性のためにいわゆる通常NGな隠しテキストを行ってもSEOで問題は生じないでしょうか。

    もしくは、このような場合でも隠しテキストは行わない方法を探したほうが良いでしょうか。

    ご教示いただけたら大変うれしいです。

    *** Reply from Suzuki Kenichi ***
    そのページの重要なコンテンツを隠すようであれば問題視されることがあります。
    でも、さして重要でないコンテンツであれば非表示にしても通常は大丈夫です。

    「検索エンジンやユーザーを欺く意図があるかどうか」も重要です。
    なければ大丈夫でしょう。

    もちろん隠さないでおける方法があるならそれがいちばんです。

    以上、参考になれば幸いです。

▲ページの一番上に戻る